FC2ブログ

プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪


出演情報

instagramライブ配信
「古典芸能の沼へようこそ」
長唄や古典芸能のお話を演奏を交えながらお届けしています♪
よろしければご視聴下さい。
インスタライブ配信用アカウント

wakami_nagauta

instagramやっています♪
imahujiwakami

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


【長唄夜話 29】

こんばんは。


今日はきゅうりの古漬けとイカ明太で賀茂鶴の純米酒を楽しんでみました。


日本酒、ワイン、焼酎、ビール、ウィスキー、バーボン、ウォッカ、etc‥


ひと口にお酒といっても楽しみ方は様々ですね。


長唄も実に楽しみ方が様々で、これは長唄特有のものではないのかなぁといつも思います。


例えば舞踊の為に作られた「汐汲」や「京鹿子娘道成寺」などは、やはり舞踊がある方がより美しく映えて聞こえるような気がしますし、一つの曲として「紀州道成寺」や「勝三郎連獅子」「三曲糸の調」などという曲は、構成、流れがとても良くて、素演奏でグイグイとその中に引き込まれていく気がします。


「秋の色種」のように素演奏も踊りも良いなぁ💕という曲もありで‥。


でも、中には「鷺娘」や「勧進帳」「鏡獅子」のように、舞踊としても演奏だけを楽しむのも、どちらもに対応している曲も少なくないです。


インスタライブでもお話させて頂いたのですが、「連獅子」のように男性的で勇壮でダイナミックな曲、「都鳥」のようにしっとりとした「唄と三味線」を味わう大人の曲など‥実に彩りがあります。


長唄というだけあって、長唄の風情には「唄」の存在も大きいです。


あ‥


「長唄」なので、もちろん「唄ありき」なのですが、私は主に三味線方なので、ついこういう表現の仕方になってしまいます‥すみません💦


三味線の「音色」。


「ねいろ」?


それとも


「おんしょく」と読みますか?


日本語も様々ですね。


日本人の感性は本当に奥深い‥と、思います。


私など自分の人生1度では足りないな。


もっと若いうちに勉強しとけば良かった。


知識、教養は人生を豊かにすると思います。


頭でっかちはダメですけどね。


生まれ変わっても長唄を聴ける場所にいたい。


今のところ‥ですが(笑


今日で8月のお稽古が終わりました。


私は「葉月」という言葉が好きです。


日本語はきれいですね😊


長唄には美しい日本語が沢山使われています。


またおいおいご紹介していけたらいいなと思います(^^)


さて、明日はお休み。


良い日になりますように。


お読み頂きありがとうございました😊
ドラマ『半沢直樹』に、思わず「そうだ!そうだ!」と声を出してしまう方も多いのではないでしょうか。
私も少なからず、「だよね」‥と思うことは多いです。


立場が変われば、それも違うのでしょうけども(笑


前回のセリフにも考えさせられるものがありました。










どこの業界も同じなのかな‥
少し寂しいけど‥
そんな風に思いました。


『半沢直樹』には半沢さんがいるので、そのままでは終わらないわけですけども😅


私如きが考えたところで何も変わらないし、進まない。


でもまぁ‥今日に限って言うなれば‥
地味ではありますが、今、自分が出来ることを精一杯取り組んでみて、ちょっとはいいことあったかな‥と思える日でした。


こんなことの繰り返しです😅


人間の心は難しいけど、私の心はいとも簡単に浮き沈みします(笑




明日はインスタライブ 第17弾♫


長唄会もインスタライブも知識も経験も浅い私ですが、沢山の方に応援を頂き、支えて頂いています。




頑張らなくちゃ💪✨
「邦楽ジャーナル」の特集。

アンケート「どうしたら三味線は普及する?」


回答欄を読んで…












ま…そうですよね…と😓


とりあえず、自分がして来たことを振り返ってみました。


•解説付き演奏会
•解説付き古典芸能鑑賞ツアー
•様々な和文化と長唄のコラボ企画
•SNSを使った情報配信
・演奏動画の配信
・インスタライブによる長唄と和文化のお話


ここ数年、自分なりに思いつくことは精一杯やって来まして…お陰様で様々なご縁も頂き、リピートして下さるお客様も増えました。


でも…


昨夜は現役大学生である娘との「朝まで談義」で、古典芸能に対して改めて気付かされることが多々ありました。


娘は古典芸能の家に生まれはしましたが、特殊な環境で芸を学んでいる学生ではなく、あくまでも一般大学生で、かつ、大小様々な舞台の裏側を幼い頃から見聞きし、自分も関わって来たという意識、感覚を持ち合わせた22歳。


お友達には古典芸能関係者の子供さんはいない。


彼女との会話で気付くことは多けれど…


じゃあどうする?😅


古典芸能の中でも、特に長唄は1人で出来るものではないのが、なかなか辛いところです。


またおいおい考えて行きたいと思います。


#古典芸能の楽しさを伝える方法
#伝統芸能の良さって何?
#三味線
#長唄
五山の送り火を初めて見させて頂いた時は、その儚さに図らずも感動してしまったのですが…




同時に、あるお席で「大阪の人とは違いますから…」みたいなことを、同席の方に嘲笑気味に言われているのを横で聞いている…という少し苦い思い出もある、私にとっての「五山の送り火」です(笑


仰っていた方は、すぐ近くにいる私が大阪人であることをご存知なかったようで…


よく京都に行くので、京都の人と思われがちなのですが、大阪人です。


仲の良い人同士が冗談まじりに「大阪は~!」などと言い合うのは別として…。


ただまぁ、悲しいかな大阪が文化不毛の地になってしまっているのは事実だと思います。


守られて来なかった「上方の風情」。


どこに行ってしまったんでしょうね。


長唄にも登場しますが、江戸時代にはお洒落の最先端だったはずなのに…。


いまは、すっかり良いイメージでない「大阪は…」という言葉。


本当の大阪弁はきれいで柔らかなイントネーションなのに…。


「大阪の人とは違いますから。」


自分に対してではなくても、はっきりと口に出されたその言葉は、悲しいかな今も忘れることが出来ない苦い思い出となってこびりついています。


上方の文化は「品よく華やか」。


決して「もっさり」や「下品」なものではない。


そう思いたい私がいます。

『連獅子』

「古典芸能の沼へようこそ」
インスタライブ♫  第15弾♫


本日は長唄の『連獅子』についてお話させて頂こうと思っております(^^)


先日、インスタライブから、いろんな伝統芸能のことを楽しめて嬉しいと仰って下さった方がおられまして、とても嬉しかったです✨
知識も経験もまだまだ浅く、お話も演奏も誠に頼りなくてお耳汚しのこともあるかと思っておりますが、何かしらお伝えできることがあれば…と、思っております。


皆様からコメントも頂いたり、雑談も交えながらの伝統芸能アワー♫ ✨
よろしくお願い申し上げます!



««前のページ  | ホーム |  前のページ»»