FC2ブログ

プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

『今藤佐志郎 ゆかた会』
2018年8月26日ギオンコーナー

『和香海会 長唄浴衣会』
2018年 9月2日(日)大阪西天満「芝苑」

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


天才ヴァイオリニスト イツァーク・パールマンのドキュメンタリー番組。

途中からだけど、録画してくれていたようで見ていました。
(番組前半にもステキなお話があったようなので、オンデマンドで見てみます。)

ヴァイオリンの音は大好き。

番組ではパールマン夫人のお話も聞くことが出来ました。

「音楽は私たちに夢を見させてくれる」

なんと素敵な✨

私は常々、自分が音楽に携わっていることに疑問を抱きます。

何のために長唄(音楽)をやっているのか?

生きることに必要な食べ物を扱っているわけでもなく、身体を治す医師でも医療品でもなく、身体に纏う衣料品でもない。

目に見えない「音楽」というもの。

この番組を見て‥
自分は「音楽」で幸せを感じることが度々あるから離れられないのかも‥と、思いました。

至極、単純明快。

その答えを思いついた途端に思い出したことがひとつふたつ。

母が亡くなる数日前のことですが‥。(また母の話ですみません)

私は母が亡くなるかどうか‥という時期に演奏の仕事をひとつ抱えていて、覚えもんのことをベッドに横たわる母に話していました。

(母は長年、長唄のお稽古をしていたので、私の話をいつも楽しそうに聞いていてくれました。)

その時の母は死期が近いこともあり、病院では個室に移動しておりました。

舞台の仕事があるので私にお三味線を弾かさなければ‥と、思ったのでしょうか。
「ここにお三味線持って来て弾いたら? 喬子のお三味線聞きたいわ。」と言いました。

さすがに病院では難しいだろうと思いましたけども、ダメ元で看護師さんに尋ねてみると、「大きくない音だったらいいですよ。」と、まさかの許可が出て‥😅

翌日、私はお三味線を持って母の病室に行きました。

椅子に座り、バチを使わず、爪弾きの小さな音で。

母はベッドに横たわったまま、「あぁ‥えぇ音やなぁ。」と嬉しそうに微笑んで聞いていました。

病室に入って来られた看護師さんは驚きつつも、「わ~三味線って、初めて見ました! いい音ですね~♫」と母に笑って声をかけられたり‥少し和みの時間。

亡くなる、ほんの数日前のことです。

「まさか病院でお三味線が聴けるなんてねぇ。」と、母は笑っていました。

その数日後。

娘(JD)が2歳~3歳の頃に吹き込んでいたお歌色々の録音テープを聞かせてあげようと持って行き、枕元でかけていました。

ドクターは昔のアルバムなどを見せてあげて下さい、と仰ったのですが、徐々に物を見るのがしんどくなっていたので、「聞く」という方向にしようと思いました。

娘のお歌テープは長唄あり、童謡あり、歌謡曲ありの混ぜこぜです。

母は電動ベッドの背を少し上げて目を閉じ、たった一人の孫娘の幼い声をそれはそれは嬉しそうに‥微笑んでジッと聞き入っていました。

母について下さっていた看護師さんも、「あら、なんて可愛い声♫これはいいですね~♫」と、一緒に静かに聞いて微笑んで‥

もう、母と一緒にいられる時間はほとんどない‥

そんな悲しみの中で、何とも言えない幸せな時間でした。
今もその景色をよく思い出します。

そして、その夜に母は亡くなりました。

あと数日は持つだろう、と聞いていただけにショックでしたが、今から思うと、何というタイミングで、あのカセットテープを持って行ったことか。

母は、可愛い孫娘の歌声を何度も何度も巻き戻しては聴いて、また巻き戻しては聴いて‥本当に幸せそうでした。

音楽は(音楽を好きな)人を幸せな気持ちにする‥。

映画『戦場のピアニスト』では、ユダヤ人ピアニストがナチから逃れ、隠れ家にあるアップライトピアノの蓋の上から鍵盤を弾くモーションをします。

想像で「音」を鳴らすシーン。

飢えと、物音を立てられない極限のストレスの中、想像での演奏の間、彼は好きな「ピアノ」と「音楽」と共に、僅かですが幸せな時間を感じます。

このイツァーク・パールマンの番組の中でも、戦争時の話に触れていました。

戦争は本当に残酷だ‥

切ない音楽の話‥。

幸せの種類は人によって違いがあるけれど‥

いろいろ思うに、私にとっての幸せは、やっぱり長唄(音楽)を演奏したり、聴いたりすることなんだと思う。

私自身が幸せを感じたいから、演奏会をするんだと思う。

毎回、本番直前には緊張とストレスで、「演奏会なんてやらなきゃよかった。」って思うのに、懲りない(笑

自分の未熟な技量を目の当たりにした時には辛苦も伴うし‥(笑

演奏が「もひとつやったな‥。」って思う度、後々まで引きずるタチ。

でも、やっぱり舞台に並んで自分はつたないなりにも、一緒に演奏して頂く方のお声やお三味線の音を感じ、奏でる音やフィーリングがぴったりと合った時には、この上ない極上の幸せを感じてしまう。

不思議なもので、そういった舞台での「瞬間」には、お客様からの熱量もすごく感じます。

番組の中でイツァーク・パールマンが言っていました。

「(自分は)音楽を聴いて、こんなに感動できるっていうことがとても幸運だと思う。」と‥。

音楽を通じた「幸せ」がある✨

生きていく上で「幸せ」は、どんな形であっても少なからず必要だ。

それを味わいたくて、私も苦手な覚えもんを頑張れるのかもしれません(^_^;)

さて‥精進精進。

ここまで読んで下さった方‥
思いのままの駄文、お読み頂きありがとうございましたm(_ _)m

お弟子Oさんがお友達の本なんですけど、と言って貸してくれた「カブキブ」。

全7巻を読みました。

歌舞伎好きの高校男子が学校で歌舞伎部を作るという物語です。

一人一人のキャラがとても面白くて、そして歌舞伎のことをわかりやすく書かれていて楽しく読めました。

歌舞伎の話‥

ではなく、少し自分の思い出と重なり気になったことを‥。

本の中には「トノコ」という女の子が登場します。


継母に育てられたトノコ。

トノコが卵アレルギーを持っているのを知りながら、オムライスを作って出す継母。

お腹が空くのと、幼いが故、継母に逆らっては生きていけないので仕方なく食べ、何度も吐き続けた挙句、逃げ出そうとイトコのお兄ちゃんに会いに遠路1人出かけていくトノコ‥。

「幸せ」を身近に感じることのなかったトノコは、やがて恐ろしい策謀家と育って行きます。


「カブキブ」の中では、楽しい歌舞伎の話だけではなく、人間が抱える様々な背景が徐々に浮かび上がってきます。


トノコを見て‥


私は小学校4年生の夏に私立小学校に転校しました。

一学年二クラスしかなく、クラス替えも6年間で一度だけ、という学校でした。


既にまとまり感のあるクラス。

そんな中に、転校生の私は馴染めない部分もあり、学校に行くのが嫌になりました。

休みがちになると、勉強も追いつかなくなり、やがてイジメる子も出てきます。

これは今も昔も変わらない「学校の現実」。


私の場合は、集団イジメではなく、個人的攻撃を受けるイジメでしたので、それを知った心ある子が、精一杯庇ってくれる、というシチュエーションもありました。

まぁ、私にも何かしらイジメられる要素はあったんだと思います。


で、トノコですが‥


今から思うに、私が転校した先で個人的攻撃を受けた女の子‥
(男子からはイジメは受けませんでした)

ちなみに、しゃがんだ時にお腹を蹴られる、とか、お掃除の時に椅子に乗って机の上から高いところを掃除して、下を見たら椅子がない、とか、ふで箱を絵の具で塗りたくられる、廊下ですれ違いざまに足を引っ掛けられる、とか、言葉の暴力などでしたが。

その女の子たちのお母さんは、今から思うと‥共通してどこか冷たい感じのする、いわゆる「温かみあるお母さん」ではなかった気がします‥。

主人公の「クロゴ」も小さな頃にお母さんを亡くしていますが、優しい祖父と、心の通った叔母に育てられます。

クロゴは心根が真っ直ぐ育ちます。


性格、と一言で言ってしまえば話は早いですが、やはり子供は「親」が大切。


私には娘が一人いて‥もう21歳ですが、私自身は色々とダメな部分が多い母親です。

でもまぁ、主人が「温かさ」というふりかけを沢山かけて育ててくれましたので、とりあえず真っ直ぐには育っていることと‥思いたい(苦笑



「カブキブ」には、色んな「お母さん」が登場します。

単なる歌舞伎を題材にした学園もの‥というわけではない本だったな‥と、読み終えてから色々と湧き上がって来ます。

人生は単純でなく、理性や感情が絡み、ややこしいことがいっぱい。


そして色んな立場で生きて行かねばなりません。


何を幸せと感じ、不幸せと感じるか‥。




様々な出逢いが大切なんだな、と感じる今日この頃です。

先頃より、業界の先輩や垣根を超えて尊敬する方々とのお話の機会を頂きました。

皆さん、それぞれ色んな形で上を向いておられて、お話を伺うだけでワクワクします😊✨

すごいスキルをお持ちでありながら‥

時には他からの苦言に落ち込んだり、悩んだり、壁にぶつかったり‥


色んなことがありながらも前を向いて芸の道を進んでおられる。

すごいなぁ😳✨

たくさん勉強させて頂きます🤗


常にアカンアカンと自分のことを思うんですが‥ちょっと嬉しい言葉も頂けて‥😊💕

メゲずにがんばってこー✊✨

と、思います。




【プレミアム公演のお知らせ✨】

今年1月、(株)ワキタ主催による「イシハラホール伝統芸能シリーズ」にお越し頂いた皆様方には誠にありがとうございました😊

改めて心より感謝申し上げます✨


この度、次の公演が決定致しましたのでお知らせさせて頂きます♫

🔶公演内容
『文楽』と『チェロ』によるプレミアムコラボレーション✨

🔶出演
【文楽】 人形遣い 桐竹勘十郎 他
【チェロ】宮田 大

🔶公演予定日 2020年2月1日(土)

🔶会場
WAKITA CORDIA HALL
(旧イシハラホール)

ビッグアーティストお二方による夢の共演が実現します😍✨


そして、お二方のコラボレーションのみならず、文楽とチェロ、それぞれの魅力をお楽しみ頂ける公演予定です🤗


僭越ながら…この度も参画させて頂く運びとなりまして、本日は公演主催並びにホールオーナーの(株)ワキタ 代表取締役社長ご夫妻と桐竹勘十郎氏のお顔合わせに同席させて頂くことになりました。




美味しいお食事を頂きながら、和やか且つ夢溢れるお話が進むにつれ…プレミアム過ぎる企画内容にワクワクしました😊✨


一応、長唄人としては長唄が一番大好きなのですが、大阪で素敵な古典芸能の会が開かれることは、かねてからの念願でしたので、本当に嬉しいです😊


「WAKITA CORDIA HALL(旧イシハラホール)」は、日本でも有数のリサイタルホールです。

素晴らしいクラシックコンサートや伝統芸能公演をぜひご堪能下さいませ✨


来年2月、ぜひ皆様のご来場をお待ちしております❣️



*チケット発売日等につきましては随時更新予定です。
今しばらくお待ち下さいませ。

(告知及び写真掲載について許可済み)
先週、二日間の休暇で伊勢参宮へ♫ 

芸能の神様として有名な佐瑠女神社は猿田彦神社の中にあり、アメノウズメノ命様がお祀りされておられます✨




佐瑠女神社にのぼりを奉納されている芸能人の中には、お幸せな時の人のお名前も見受けられました(^^)

 私もお守りを頂き、頑張って精進したいと思います(*・ω・)ノ
 

外宮、内宮を参拝。

神宮の参拝させて頂くと、特に木の大きさに神秘と悠久の時間を感じます。


天照大御神様が鎮座ましまして二千年…すごいですね✨

一昨年、長唄の奉納演奏をさせて頂いた参集殿では居合の奉納が行われていました。


マンさんは同じ年の3月にも「にっぽん文楽」の公演に参加させて頂き参拝をさせて頂きました。

改めて、一昨年にはひとかたならぬご縁を頂いたのだなぁ…と、感謝の気持ちで一杯です。

さて…

夏のお伊勢参りの楽しみのひとつ💓

赤福氷😍


雨でちょっと肌寒いくらいでしたので、半分こで丁度いい感じ😅

手こね寿司と伊勢うどんでお腹を満たし…


も一回、帰る前に「ここで食べたい」とのリクエストに応え、五十鈴川沿の赤福本店へ😅

二度目の赤福休憩😆





そして赤福大好物のJDへのお土産はやっぱり赤福😆

父娘揃ってどんだけ好きなんでしょうかw

お天気は良くありませんでしたが、喧嘩もせず、アクシデントもなく、温泉に浸かって美味しいものを頂いて、よい休暇にして頂きました。

また来年もお参りに行けますように。

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»