プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

『太明藏・太明十郎の会』
【開催日】 4月2日(日)11時開演br 【料 金】 4000円 br 【会 場】 大阪大槻能楽堂06-6761-8055

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


~和を愉しもう~

お茶屋さんで長唄スーパーLive

緊急特別企画✨

大阪で唯一のお茶屋「島之内たに川」さんのお座敷で長唄スーパーLive。


スーパーLiveと言っても立ち上がったりするわけではありません。

緋毛せんに座ってクールに、そしてエキサイティングに長唄をお届けします。

出演はこちら↓

•唄 今藤政子
三味線 今藤和歌美/今藤長三朗

•演目「都風流」お話「鷺娘」


長唄通の方はよくご存知の長唄界の実力派ホープお二方✨

素晴らしい方々にお越し頂ける事になりました✨


またもや他力本願です。


や…もちろん私も精一杯頑張ります( ̄^ ̄)ゞ

演奏の間に少しお話も含んでお楽しみ頂く予定です(^^)

今回はお座敷での、すごい間近での演奏になります。

糸を指で擦る音も、音程(調子)を変える音も聞こえる距離です。

長唄の「唄」と「三味線」の生音を間近に聴きに来て下さい✨


そして、演奏の後は大阪の美味しいお食事とお飲み物をどうぞ♫


日時:2017年11月30日(木)19時~鑑賞
19:45頃~お食事

会場:大阪 島之内お茶屋「たに川」

料金:13000円(お席料、鑑賞、お食事、お飲み物 税込)
※お食事内容(お付き出し、大阪寿司、フルーツ)
※お飲み物はビール、日本酒付きです。
ワイン、冷酒他は別途料金が必要です。

お申し込みお待ちしておりますm(_ _)m


▶︎お申し込み方法◀︎
今藤和歌美までブログ内メールフォームにて「和を愉しもう参加希望」と「人数」をお送りください。
折り返しお返事させて頂きます。


※キャンセルにつきましては当日の1週間前よりキャンセル料金(全額)が発生致します。お気をつけ下さいませ。



※お茶屋さんというのは芸舞妓さんを呼んで舞やお座敷遊びをしたり、お食事をとっていただいたりするお座敷を貸して頂くところです。「たに川」さんは現在、大阪で唯一のお茶屋としてお店を開いておられます。
緊急企画!


和の大人空間、大人時間の長唄スーパーLive!(°▽°)


特別企画すぎて二度は出来ないクオリティかも…( ̄▽ ̄;)

近日中に発表します♫


大阪で唯一のお茶屋「たに川」さんで、芸妓さんのかんざしコレクション見させて頂きテンション上がりました⤴︎⤴︎


とってもきれいでした✨💖
先日の『和樂びより番外編』は大阪の大川を遊覧する屋形船の中で行いました。


コースは2時間半。

今回、ご一緒頂いた噺家の月亭文都師匠とお打合せの後に、第一部は鑑賞タイム、第二部はお食事タイムにしようということになりました。

なぜなら、お酒がお食事が入ると、どうしてもお喋りする人が出てくるので、演者には勿論、真剣にお聴きになりたい方のご迷惑になってしまうのです。

ですので、今回は「飲みながら」ではなく、鑑賞をして頂こうという主旨で開催をさせて頂くことになりました。

私にとっては初の屋形船企画。

文都師匠のお着替えの控え室もなく、楽器を段取りする控え室もない(^^;;

停泊時間の関係から、お客様と同時に乗船しなければいけないので、乗り込むと同時にお三味線の段取り。

予想はついていたので三ツ折れカバンでなく、長カバンで行きました。
替三味線も持参しましたが、組む時間なし(^^;;

一人での弾き唄い…糸の具合も心配でしたが、何とか調子も狂うことなくホッとしました。

長カバンで良かった(^^;;


船内は第一部の鑑賞タイムは窓を閉めて、エアコン完備で思いの外、湿気もなく、お三味線は意外にボンつきませんでした。

これはラッキー♫

もっと、ボンボンの音になってしまうかと思っていたので…。


文都師匠も何かとお気遣いして下さり、助けて頂きました。


そして、大阪屋形船さんのお料理が美味しくて、これには皆様から「お料理も美味しかった」とご感想を頂きましたので、嬉しいことでした。

あ、そうそう。

乾杯が19時からということで、せめてお水だけでも…と、用意してもらったら、なんとそれがビールグラスで…いざ、乾杯の時にはグラスがない、というハプニング(^◇^;)

お水を飲んだり、川に捨てたり…ちょっと想定外でした。

屋形船だから余分なグラスは置いておられないようです。
覚えておかなくちゃ(^_^;)

狭い空間でしたが、お客様がとても和やかに和気あいあいと過ごして下さったので、これは何より嬉しいことでした。


20:30には完全下船、ということで、最後はやや慌ただしくなりましたが、抽選も無事に終わり、それぞれのお客様とお話も出来まして、とりあえずは大きなアクシデントもなく下船。


あ、あと、マイクスタンドは手持ちでも必要だな、と思いました。


初企画ということで不手際もありましたが、終わって、ご参加の皆様から「良い企画をありがとうございました」「とても楽しかったです」というお言葉を頂き、嬉しくホッとひと息つくことができました。


大きな演奏会もあれば、小さな催しも…そうやってお三味線の音や伝統芸能に触れて頂くことが出来ればいいなぁと思っています。


今回の催しのきっかけを頂くことになったのはMBSラジオ『福島のぶひろのどうぞおかまいなく』さんに出演させて頂いたことです(^^)


関係者の皆様にお礼を申し上げます。


さて、また次はどのような企画が出来るか。


色々考えて、頑張ります!


長唄と和のコラボレーション企画『和樂びより』。


番外編の今回は噺家の月亭文都師匠をお迎えして、屋形船で落語と三味線を楽しむ会を開催させて頂きました。

今回は屋形船という会場なので、「三味線の粋」と「大阪のはんなり」の両方をお楽しみ頂けたらなぁと思いついての企画でした。

前日は大雨でしたが、当日は何とか雨も上がりひと安心(^^;



ご挨拶の後に「第一部」の鑑賞タイム。
まずは川や海の船づくし『風流船揃』から短く抜粋で一曲。


月亭文都師匠の『落語入門講座』



落語と三味線の演奏、対談では長唄と落語の繋がりについて少しお話を伺い、文都師匠のお笛の演奏もご披露頂きました。


一緒に「鞍馬山」のセリの合方を演奏。


対談の後は、番組最後の落語『茶屋迎い』にちなんで、昔から大阪の花街で唄われていた上方唄の『浪花の四季』をお聴き頂きました。

そして、文都師匠の落語『茶屋迎い』。




第一部の鑑賞が終わると、第二部のお食事会へ。

ここまで乾杯を待って頂いてお気の毒ではありましたが、皆様には温かくご理解頂き、第二部ではお食事を召し上がって頂きながら、抽選会など、和気あいあいと時間が進みました。


初めての屋形船企画で不手際や慌しさもありましたが、温かいお客様と、お手伝いをしてくれたお弟子さん達、そしてスタッフさんのおかげで大きなアクシデントもなく、何とか無事に終えることが出来ました。

ご参加の皆様には心より御礼を申し上げますm(_ _)m
お帰りになった方もあって全員写真が撮れませんでした(^^;;


そして、月亭文都師匠には今回の企画を親身に支えて頂き、心から感謝を申し上げます。

「三味線の音が好きで…」と楽しそうに話して下さるお客様の声が嬉しく…これからも頑張ろうと思います😊

お客様が近くて緊張しました😅💦


いつも応援頂き本当に感謝いたします✨

お礼までm(_ _)m💖

#大阪屋形船 さん、お世話になりありがとうございました♫

(今回は定員28名の屋形船という限られた空間内でアルコールが入ることから、お客様同士のトラブルを避けるため、実際にお目にかかったことのある方及びご友人様のみにご参加頂きました。個人主催のため、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。)

今藤和歌美
10/7は『和樂びより 番外編』
~秋の月夜に屋形船~
落語と三味線を楽しもう♫

お陰様で満席御礼申し上げますm(_ _)m

本日は月亭 文都師匠と大阪屋形船『雅遊』の内覧へ♫





(私が6月にMBSラジオの収録で乗船したのは同じ大阪屋形船さんの『水雅』でしたが、ほぼ同じです♫)

お座席や高座の設営を含み、「あれや~これや~♫」と、楽しい段取りのお打ち合わせでした♫

屋形船というシチュエーションで想定外のこともありましたが、ベテラン百戦錬磨の月亭文都師匠のお力も借りまして、ご参加の皆さまにお楽しみ頂けるよう精一杯頑張りたいと思います!

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»