FC2ブログ

プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪


出演情報

instagramライブ配信
「古典芸能の沼へようこそ」
長唄や古典芸能のお話を演奏を交えながらお届けしています♪
よろしければご視聴下さい。
インスタライブ配信用アカウント

wakami_nagauta

instagramやっています♪
imahujiwakami

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


コロナ禍以来、私が足を運んだ3つの古典芸能の舞台。


自分にとっては、どれもが感動的で素晴らしい公演でした。


一つ目は歌舞伎公演。


実に半年ぶり以上の生の舞台。


人が人を呼び、人が集まる活気を感じました。


演じる人の緊張感、そして観る人の高揚感。


二つ目は舞踊公演。


私にとってはスペシャルな出演者のお舞台。


感無量で涙が溢れました。


三つ目は伝統芸能の融合。


創作でありながらも古典を外すことなく観るものを楽しませる。




どの公演にも舞台に立つ方の熱量を感じた気がしました。


素晴らしかったです。




良い公演に行くと、美味しい食事を頂いた時と同じ現象が起きます。


数日経って、お料理の味が際立って思い出されて来るのと同じ。



公演ごとの際立った部分が思い出される気がします。


本当に素晴らしかった‥✨


と、共に‥


人と人との関係は難しいから辛い‥と思うのも、こういう瞬間にある。


人間関係の難しさから、素直にあれが好き、これが好き、あれが素晴らしかった、これが良かった、と言えなかったりすることのしんどさ。


あ~ぁ‥と、ため息をつきたくなる。




でも、一般の会社さんでもライバル社の商品は表立って褒めることは出来ないですもんね。


「ここだけの話ですが‥◯◯社の商品は、うちのよりもよく出来ています。」なんて話を聞きますもの。


大人の人間社会にはつきものなんでしょうね。




人間は感情があるからややこしい。




よく、そう思いました。




でも、感情があるから感動もするし、感謝もする。




人間だもの。




相田みつをさんやん(笑




それなりに‥自分の居場所で楽しく生きる。


この歳になってもなかなか上手く出来ない自分がいます。




秋の夜長に読みたいものがいっぱい。




ぷーちん、汚さんといてね😅







秋晴れの空に始まり…




十五夜お月さま🌕




お声がけを頂き、大阪の松原市にある布忍神社様の観月祭にて長唄演奏のお手伝いをさせて頂きました。




秋の夜風が気持ちよくて、長唄はいいなぁ、日本の歌っていいなぁとしみじみ思い、熱心に聞いて下さるお客様の空気を感じました。


夜の屋外なので色無地で♫


申し合わせしていないのにお色目がきれいにバラけました♫




つたないことも多々あることで反省もありますが、また精進して頑張ります。
ありがとうございました✨


演奏は布忍神社様のYouTube↓にてお聞き頂けます(^^)
https://youtu.be/NVOSHdJ4Zts

1月に出産したお弟子さんが7月から月一でお稽古に復帰しました(^^)

いつもひと言のお手紙を添えてくれるYちゃん。


赤ちゃんがお三味線の音を聞くと寝るようになったので練習がしやすくなりました…と。


お腹の中から聞いてますもんね(^^)


JDも赤ん坊の頃はお囃子のお稽古場で、さんざん鼓の音がポンポン❗️そして、パンパン❗️と張り扇の大音量が響いていても、お座布団の上でスヤスヤ…


皆んな、「よぅこの大音量の中で寝ていられるなぁ💧」と、驚いていました😅


お家に来たばかりの頃、お三味線の音やお囃子の音に反応して走り回っていたワンコのぷーちんU・x・Uも、今では知らん顔でグーグー寝ています。


慣れってすごい(笑

『喜三の庭』

【長唄夜話その30】

長唄夜話…どれくらい進んだのかわからなくなりました( ̄▽ ̄;)


さて。


久しぶりの長唄夜話ですが…


読み返してみるといつもそんな大したこと書いてないなぁと思います。


お読み頂く方にはすみませんm(_ _)m💦


でも、「今日はこんな曲にこんなことを感じた。」ていうのを記しておこうかと…そんな感じです。


近々、『喜三の庭』という曲を弾かせて頂く予定です。


きみのにわ、と読みます。


この曲、前半はとても厳かな雰囲気、そして後半は柔らかくも粋な雰囲気で、とても素敵です🥰


調べてみましたら、なんと、前半と後半の作曲者が違うと言われています。


真実か否かは、その時代に行ってみないとわからないですね。


私は、こういうのは「絶対!」て思わないようにしています。


「こうだったのかもなぁ~♫」「でも
もしかしたらこうかもしれない。」と思ったりすることで楽しみを感じます。


前半の品格ある厳かな雰囲気も好きですが、後半の柔らかな粋さがなんとも言えません。


廓の秋を表されているのですが、特に、この後半に演奏される本手と替手の妙味💕


「粋」という言葉には実に様々な趣があるなぁと思います😊


この『喜三の庭』の後半の作曲は『正治郎連獅子』を作った三代目杵屋正治郎とのことで、「正連」と同じく華やかさと柔らかさを感じます😊


本手だけの演奏でなく、替手が入ってて抜群に素敵💕✨


そういう曲の一つだと思う『喜三の庭』🥰


私は本手を弾かせて頂きます😊


『喜三の庭』後半より抜粋


「尋ね廓の通ひ路に 七百年も昨日今日 菊の着せ綿うちかけに 桔梗苅萱女郎花
店清掻の 音につれて 色香争ふ出立栄 萩の錦か含める露の 玉揃ひ
末はまがきにせかれても 格子を覗く月影に 招く尾花の 忍び音は 実に面白き仙境なり 」


機会があれば素敵な長唄の秋の音色を是非お聴き下さい🥰


#秋の夜長に長唄
#伝統芸能
#長唄夜話
#三味線
#長唄
春過ぎから始めたインスタライブが、もう20回にもなりまして…いつもご視聴頂く皆様には本当にありがとうございます🙇‍♀️

初めは「こんなことやっても意味あるのかな」と思うし、さて、どうやって進めていけば良いものか…と、試行錯誤💦




今も迷いながらではありますが、少し段取りにも慣れて落ち着いて来たかと思えば、毎週楽しみにして下さるという方もいて下さり、本当に嬉しい限りでございます😊




先日は長唄『外記猿(げきざる)』の「外記(げき)」についてや、昨夜は「清搔(スガガキ)」について、その言葉に関わるお話と演奏をさせて頂きました。






見て下さった方が、丁度読んでおられる本に登場する「外記」という名前や「清搔」という題名と内容の描写について、イメージがわかりました~❣️




とか




二人椀久を次に観るのがとても楽しみです~♫




など




感想を頂きまして…




他にも、ライブ配信中にコメント参加して下さる方がお浚い会(発表会)を控えておられたり、他の方からその方へ「頑張って下さい!」とエールがあったり…




舞台を終えたばかりの出演者の方からのコメント参加、或いはゲスト出演もして下さったり♫




インスタが繋ぐ伝統芸能の「和と輪」🙆‍♀️




平和で嬉しいです😊💕




#古典芸能の沼へようこそ
#長唄
#三味線
#お家で伝統芸能アワー
#古典芸能

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»