プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

『太明藏・太明十郎の会』
【開催日】 4月2日(日)11時開演br 【料 金】 4000円 br 【会 場】 大阪大槻能楽堂06-6761-8055

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


怖い夢

‪コワイ夢みた( ̄▽ ̄;)‬

‪長唄会の楽屋が暗い。‬

‪あまりに暗くて番組も見えないので無理やり電気をつける。‬

‪そしたら自分の出番まであと2、3番なのに、髪のセットも出来てなくて、顔もまだスッピンのまま。‬

‪慌てて顔に塗るファンデーションは何やらもろもろで、キレイに伸びず、ムラだらけ。‬

‪泣きそうになりながら支度をする横で先輩がひたすら喋り続ける。‬


‪恐ろしい以外のナニモノでもない。‬


‪ゆ、夢でよかった( ;∀;)‬


楽しかったビアガーデンのことでも思い出しとこ(^_^;)

先日、ギオンコーナーで行われた同門の先輩の長唄浴衣会にてお手伝いをさせて頂きました。


祇園歌舞練場前には草間彌生さんのかぼちゃが!
期間限定らしいですが、初めて見ました♫



さて、今回仰せつかったお仕事が私には大役すぎて…緊張の日々( ;∀;)


そして当日は何故か超一流の皆様と同じ楽屋でまた緊張…( ;∀;)


さしずめ1軍選手の中にポツンと一人高校球児…みたいな。


恐縮すぎて消えたかったです。


でも、そんな高校球児にも皆様お優しくて…( ;∀;)


演奏内容は…頑張ったところはありますが、点数つけられないくらいダメダメな私で…でも、嬉し楽しいお話もいっぱい聞けたんで、疲れなんてぶっとんじゃました(^^)

帰り際には心温まるメールも頂き、一気に緊張と涙腺が緩む( ̄▽ ̄;)


長唄に携わるお仕事をさせて頂く度に、演奏技術はもちろんですが、それ以外のこともたーっくさん勉強させて頂きます。


ほんとに。


それにしてもやっぱり京都は日本文化度高い!!


オンナがなんぼ頑張ってもあかんです。

30代~70代の男性の日本文化への真剣な取り組み方と愉しみ方を拝見させて頂きました✨


大阪も頑張らなあきません❣️


でもオンナの力もかなり必要ですけどw



さて、大阪について、地下鉄に乗って帰るべし。


…あれ?


りょくちこうえん?


どうやら反対方向の地下鉄に乗って居眠ってたようです( ̄▽ ̄;)



…これだもんなぁ(T_T)

「邦楽教育」

娘が中学の時の音楽の教科書。

たいそうご立派な邦楽のページがあり、ほぉー、と感心しました。

掲載されているカラー写真には、主人や私のよく知る邦楽演奏家さん方のお顔があり、娘も知ったお顔の方が教科書に載っていてウケていました。

で。

いつになったら授業で習ってくるのかと思いきや…。


ほぼまともに習わないまま3年間が過ぎました。

主に習ったのはヴァイオリンの実技。

ほぼ西洋音楽のみ。


教科書の内容には確か「勧進帳を聴きましょう」というのがあったような…。

うろ覚えですが

CDを聴く、というもの。


「勧進帳のCD聴いた?」


と、娘に問うと、首を横に。

だよね…(−"−)


先生が教えられないんだもん。


仕方ないですよね。


2002年から邦楽教育が導入される、と決まって雀躍りしたものの…何年たってもそんなに変わらず。

そのご立派な音楽の教科書は、ほとんど使われることなくきれいなままで無用の長物に…。


私は大阪の府立高校で7年間、三味線の実技指導をさせて頂きましたが(年一度、2コマ授業を三学年)、補助金カットでなくなりました。

いったい、外部講師が幾らの講師料をもらっていたというのか…。

電車賃とご飯を食べたらほぼ無くなるくらいの日給です。


現在、15挺ほどもあるお稽古三味線は、とある高校の倉庫に眠ったまま。

楽器は使わないとどんどん傷みます。

可哀想に…。


50分授業のふたコマで、基本の持ち方から教えて、「さくらさくら」を弾くまで。

たまに受講希望の父兄を含む15名ほどを一斉に兵隊稽古。


それなりに大変でしたが、高校生はある程度、楽器をこなします。

留学生でも「さくらさくら」を弾いて、楽しそうに唄います。

きっと、中学生も、小学校の高学年も出来ます。
(もちろん個人差はありますが)

お三味線じゃなくてもいい。


和太鼓ばっかりじゃなくて…もっと色んな日本の楽器の音に触れさせてあげて欲しいです。

雅楽、箏曲、何でもいいんです。

とにかく学校にいる間に本物の和楽器の「生音」を聞かせてあげて欲しいと思います。


私は学校関係者じゃないからわかりかねますが…学校規模でできる邦楽教育…それほど大変なことなんでしょうか?


邦楽演奏者が日本の「絶滅危惧種」という現状。


これも時代の流れ、と受け止めるべきことなんでしょうか…。


文化にお金はかけられない、って言うけど、オリンピックの開会式だって文化がないと成り立たないと思います…音や美術のないところで行進だけしますか?

発展して来た自国の文化を融合させてこそ世界のイベントじゃなかろうか。


もはや、自国の文化は電子音を使った少女の合唱隊とアニメだけなのでしょうか。


古典芸能。

世界遺産っていうけど、まだ現役です。

古典かもしれないけど、進化もしてます。

決してとどまってません。


日本の素敵な「音」たち。

でも…

無くなり行く音たち…。


考えるほどに寂しい思いでいっぱいになります…。

『老松』

【老松】

いわゆる和菓子の老松さんではなく、長唄の『老松』です。

今日…

あ、もう昨日ですが、紀州道成寺、靱猿、老松の地を弾きました。

老松を弾くのは少しばかり久しぶりな気がして…。

このところ会でも聴いてないなぁ~なんて思ってました。

老松、派手ではないけどすごく良い曲でカッコよくて泣ける。

全編良いんですが、特に前半の唄の文句(歌詞)。

「眠れる夢のはや覚めて 色香にふけし花も過ぎ、月に嘯き身はつながるる」

カ、カッコいー!(≧∇≦)

ここの箇所に来るたび、「あぁ、もっと勉強しとくんだった。」と思うんです。

(解説書ではサラッと流されてる感じなので^^;)

そして、ついているメロディーがまたカッコいい(๑˃̵ᴗ˂̵)

そしてさらに(自分のことはさておき)シビれるほどカッコいい生演奏を聴いたことがなくて…これは非常に残念で…。

自分なりのイメージを膨らませる。

こんなカッコいい旋律と歌詞が他の曲にあるかな!

っていうくらい、シビれます。

お能の「老松」からの長唄ということですが、これでまたお能の「老松」を観たくなるのです。

お三味線だけで弾く「神舞」の合方も、カッコよく、いわゆるスタイリッシュな合方♫

イケメンリーマン的(笑

後半は調子を上げての三下り。

初め渋くて華やかになって終わる。

いい曲です♫

余談ですが…。

こんだけ褒めてて、解説書には「筋そのものはまるきり支離滅裂であります。」と記載ありw

部分部分的に楽しめる。

そんなのも長唄のいいとこじゃん♫

と、思う今日この頃ですw

本日のお懐紙は朝顔で。


7/7 貴船神社の水祭り

上方舞の山村若女先生のご奉納舞にてお三味線を弾かせて頂きました。
貴重なご神事にご一緒させて頂きありがとうございました。



鞍馬には何度か行きましたが、貴船は初めて訪れました♫



写真撮影:西村のぶよ



七夕飾りがたくさん♫



川床の準備が♫



終演後には奥宮までお連れ頂き、船形石など拝見しました。


いわゆる今時の言葉で言うと「パワースポット」。


素晴らしい木々の緑に圧倒されました。



お節句で穢れ(気枯れ)を祓って生まれ変わり、良き気をたくさん頂いて、また今年後半も頑張れることと思います^_^

初めての貴船、とても良いところでした☆


山村若女先生、大変お世話になりありがとうございましたm(__)m

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»