FC2ブログ

プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

『今藤佐志郎 ゆかた会』
2018年8月26日ギオンコーナー

『和香海会 長唄浴衣会』
2018年 9月2日(日)大阪西天満「芝苑」

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


同業或いは異業種の‥

いろんな方とお話しさせて頂き、それぞれの「才能」に触れさせて頂く。

私がやっていることは「古典」ですけれども、古典は決して、その場所で留まっているものではなく、基本がありながら進化しているもの‥なのだと思います。



芸術は~


なんていう話はしない。

でも、あれが好き、これが好き‥っていう話から、自分の好きなお花のタネが自分の中に植え付けられて行きます。

中には自分が名前すら知らないお花のタネもある。

そのタネをどのように咲かせるかは自分次第なのかな~。


私は研究者ではない‥


花がどのように咲くのかは、時が経ってからしかわからない。


不器用ですけども‥まだまだ勉強が必要ですけども、それでもやっぱり「芸」が好きなので、しっかり向き合って行きたいと思います。

自分に与えられた時間が「実のなる時間」となるように‥。


お三味線を弾くに必要なのは「調子」と「勘所」の確かさ‥そして素直さと柔軟さ‥。

そんなことを実感している今日この頃です。

何はともあれ‥

(酔っ払いですみません)

BAR高橋様❗️

7周年記念おめでとうございます❗️

来年は末広狩♫

太郎冠者~あるかぁ~♫笑
幼い頃から長唄が身近にあったとはいえ、この世界のことは何も知らず、「長唄のお師匠さんになれたらいいなと思います。」と、大胆なことを言って、今の師匠に入門したのは21歳の時。 

 あれから何十年。 

 気付けば夢に見た以上のことが自分に起こっているなぁ‥と、灼熱の大阪を歩きながらふと思う。

今日も大阪はモーレツに暑い(^_^;)
 


憧れの曲 
憧れの音
憧れの人 
憧れの‥ 

 私が夢見て来たものはキラキラと輝いていました✨ 

それを見る自分の目も、きっとキラキラと輝いていたのだと思う。 

 さて‥

「夢」の余韻に浸るのはしばしお預け。

 浴衣会の会場となる料亭「芝苑」さんにお打合せに伺いました(^^) 

 素晴らしい料亭さんです✨
 


初舞台の人はちょっと緊張するかな😊💦

さて、本番まであと少し♫
『佐志郎 ゆかた会』にお声がけ頂きお手伝いさせて頂きました。 

 京都祇園のギオンコーナーにて9:45開演、芸舞妓さんもご出演の30番を越える大きな長唄会です。 

 毎年、この規模で長唄会をされるなんて尊敬❗️です💦 

 長唄好きのお友達の姿も客席に見えて嬉しいことでした😊 

 私にとっては超一流の賛助出演の皆様方とご一緒させて頂くという身に余る緊張MAX時間。 

 演奏はもちろんですが、その他にも勉強させて頂くこといっぱいでした😊✨ 

 やっぱり長唄の舞台はすごく奥深いです☺️

 関西でももっと長唄会が増えれば良いなぁと思います✨ 

 私よりも遥か昔から会主様とはご縁のあるお囃子マン。 

『この歳になって、まさか自分の嫁が佐志郎さんにお世話になるとはなぁ。」としみじみ。

人間、生きているとどこでどなたにお世話になるかわかりません😅

そして、私にとっては長唄さんもお囃子さんも主人の知った方ばかりで、そんな中でのお手伝いの仕事。 

こんなに緊張することはありません💦 

まだまだ未熟で至らないことだらけのお手伝いです💦 

でもご縁頂き、心の中は感謝で一杯です✨

 ありがとうございましたm(_ _)m


 さて❗️ 

 今週の日曜はうちの浴衣会😃 

今年はお揃いの浴衣を仕立てました。

 三味線の三本格子に今藤と和歌美の崩し文字。 

並んで弾くとどんな感じになるかな?

 楽しみとともに‥

がんばります💪❗️

「長唄‥」

やっぱり長唄好きや~❤️

 と、感じる一日でした。 

 「こころの四季」母に聴かせてあげたかったな。
      
会に向けて横並びでお稽古しています。



隣で弾く私のお三味線の音が聞こえる人、まだ聞こえなくて譜面に向かうことに一生懸命な人、段階は人それぞれです。 

 「間違ったら、そこで焦って止まらず、“間違った自分”は置き去りにして次に進んでね。」 

 そう言うと、意外に焦らず、落ち着いて弾ける人がいました。 

 演奏中は間違った自分に留まってしまうと、そこから後が崩れてしまいます。 

 なので、とりあえず“間違った自分”は置き去りにして、前進する。 

 いわゆる、「つきなおしが出来る」状態でないといけないので、失敗は引きずらない。

 

アイススケートや体操競技を見ていると、すごく共感する部分です。 

 芸術も体育会系も根底にあるものは同じかな。

 失敗は終わってから見直して、次への反省点としてまたお稽古する。

 芸事はそれの繰り返し‥。 

 さて‥


私は私で任務遂行に向けてブラッシュアップします。


がんばらねば。

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»