プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

長唄会『三橙會』
【開催日】2018年 5月6日(日)
大阪 山本能楽堂にて

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


【和を愉しもう♫お茶屋さんで長唄スーパーLive!】


無事に開催することが出来ました✨

早々に満席のお申し込みをいただき、ご来場頂いた皆様、誠にありがとうございました❣️

ご挨拶から始まり、『都風流』『長唄と鷺娘のお話』『鷺娘』の演奏まで、その後はお食事の時間でした。




有難いことに、会場は終始和やかな雰囲気に包まれ…ご参加頂きました皆様には本当に感謝をしております😊


演奏はまだまだ100点には到底届くものではありませんが、ご賛助頂きました今藤政子さん、今藤長三朗さんのご協力のお陰で皆様には本格的な長唄を肌で感じて頂くことが出来たのではないかと思っております。

ホントに、先輩方には足を向けて寝られません😅


この距離感はさすがに緊張しました(^_^;)


夕方からのレイトショーということで、遅くまでお付き合いを頂きました。

お食事は天保からの老舗「たこ竹」さんの大阪寿司でした。



帰り際、皆様の温かい笑顔とお言葉を思い返し、本当にありがたいこと、と…胸が熱くなっております。

これからも頑張りますので、何卒よろしくお願い申し上げますm(_ _)m✨✨

最後になりましたが、会場のお茶屋「たに川」の若旦那、谷川様にも心より御礼を申し上げます。

大切なお客様へのおもてなしをありがとうございましたm(_ _)m✨



さて、いよいよ師走に入りました。

年末に向けてまた諸々頑張ります❗️
【三味線の体験授業】

大阪YMCA国際専門学校にて長唄三味線の体験授業を担当させて頂きました。


こちらの学校では年に2度、春期と秋期に和文化の体験授業を実施されています。

留学生の皆さんは日本語検定を受けられた方ばかりで、日本語の説明もかなり理解されます。

バチの持ち方など説明しながら↓


一の糸から順番にバチを当てていきます↓


一人づつ回って形を整えたり、フレーズを弾いてみたりします↓





講座の最後には「さくらさくら」を弾ける所まで、お唄とお三味線で合奏します↓


毎回、熱心に説明を聞いて、お三味線の体験にも楽しそうに取り組んでくれる学生さんばかりです(^^)

ご縁を頂きまして3年になりますが、若い世代の留学生さん方に、日本の文化に触れて頂ける機会を頂けて有難いなぁと思います。

中学校や高校でも是非取り入れて頂ければと思います✨

担当の今西先生、いつもお世話になりありがとうございますm(_ _)m


そして、授業の後は長唄会のお打合わせへ。

長唄(三味線)を体験してもらう人にも、そして演奏を聴いて頂く人にも「日本の音楽」を楽しんで頂けますように❣️

微力ながら

ぐぁんばりますっ❗️
「文化の秋♫文楽を観に行こう会2017♫』



何とか無事にご案内終了いたしました(^^)


今回の和歌美的テーマは、第1部『鑓の権三重帷子』と第2部『心中宵庚申』にちなんで「文楽、秋の理不尽祭り!」笑


まずは集合の後、別室にてのあらすじ説明から。


今回は人形遣い吉田幸助氏の奥様、イラストレーターの中西らつ子さんお手製のイラスト入り筋書きを頂くことが出来まして、ご参加の皆さまにお配りさせて頂きました(^^)


らつ子さん、ありがとうございました♫


あらすじ解説ですが、理不尽この上なし!という内容に、私のお話はかなり個人的感情移入したものになりました…ついて来て下さった皆さま、ありがとうございました^_^;


ざっと、登場人物とあらすじのお話を済ませ、客席へ♫








第1部を鑑賞♫

『八陣守護城』
『鑓の権三重帷子』

今回はお琴も入り、優雅で素敵な音曲に気持ちもたっぷりになります(^^)

軽薄短小の現代に重厚長大な時代のものを見聞きするわけですから、そこは時間の流れが違います。

たまに意識が途切れるのは仕方ないことと…^_^;



鑑賞後は太明十郎(マンさん)の案内でバックステージツアーへ。


今回は、少人数でしたのでお囃子さんの御簾の中をご覧頂くことが出来ました。



文楽のお囃子の御簾は特殊なので、大人数ですとなかなか時間内に見ることが叶いませんのです(^_^;)


実際に使っている楽器などをご覧頂き、最後は舞台で記念撮影など。


有難いことにリピートの方も多く、初めての方にもお声がけ頂いたり、私も楽しい時間を過ごさせて頂きました(^^)


この度ご参加の皆さま、そして国立文楽劇場、文楽公演に関わる皆さまに心よりお礼を申し上げますm(_ _)m


今度は1月の初春文楽。


よりお楽しみ頂けるように頑張ります♫(^-^)/
長唄と和のコラボレーション企画『和樂びより』。


番外編の今回は噺家の月亭文都師匠をお迎えして、屋形船で落語と三味線を楽しむ会を開催させて頂きました。

今回は屋形船という会場なので、「三味線の粋」と「大阪のはんなり」の両方をお楽しみ頂けたらなぁと思いついての企画でした。

前日は大雨でしたが、当日は何とか雨も上がりひと安心(^^;



ご挨拶の後に「第一部」の鑑賞タイム。
まずは川や海の船づくし『風流船揃』から短く抜粋で一曲。


月亭文都師匠の『落語入門講座』



落語と三味線の演奏、対談では長唄と落語の繋がりについて少しお話を伺い、文都師匠のお笛の演奏もご披露頂きました。


一緒に「鞍馬山」のセリの合方を演奏。


対談の後は、番組最後の落語『茶屋迎い』にちなんで、昔から大阪の花街で唄われていた上方唄の『浪花の四季』をお聴き頂きました。

そして、文都師匠の落語『茶屋迎い』。




第一部の鑑賞が終わると、第二部のお食事会へ。

ここまで乾杯を待って頂いてお気の毒ではありましたが、皆様には温かくご理解頂き、第二部ではお食事を召し上がって頂きながら、抽選会など、和気あいあいと時間が進みました。


初めての屋形船企画で不手際や慌しさもありましたが、温かいお客様と、お手伝いをしてくれたお弟子さん達、そしてスタッフさんのおかげで大きなアクシデントもなく、何とか無事に終えることが出来ました。

ご参加の皆様には心より御礼を申し上げますm(_ _)m
お帰りになった方もあって全員写真が撮れませんでした(^^;;


そして、月亭文都師匠には今回の企画を親身に支えて頂き、心から感謝を申し上げます。

「三味線の音が好きで…」と楽しそうに話して下さるお客様の声が嬉しく…これからも頑張ろうと思います😊

お客様が近くて緊張しました😅💦


いつも応援頂き本当に感謝いたします✨

お礼までm(_ _)m💖

#大阪屋形船 さん、お世話になりありがとうございました♫

(今回は定員28名の屋形船という限られた空間内でアルコールが入ることから、お客様同士のトラブルを避けるため、実際にお目にかかったことのある方及びご友人様のみにご参加頂きました。個人主催のため、何卒ご了承下さいますようお願い申し上げます。)

今藤和歌美
先日、ギオンコーナーで行われた同門の先輩の長唄浴衣会にてお手伝いをさせて頂きました。


祇園歌舞練場前には草間彌生さんのかぼちゃが!
期間限定らしいですが、初めて見ました♫



さて、今回仰せつかったお仕事が私には大役すぎて…緊張の日々( ;∀;)


そして当日は何故か超一流の皆様と同じ楽屋でまた緊張…( ;∀;)


さしずめ1軍選手の中にポツンと一人高校球児…みたいな。


恐縮すぎて消えたかったです。


でも、そんな高校球児にも皆様お優しくて…( ;∀;)


演奏内容は…頑張ったところはありますが、点数つけられないくらいダメダメな私で…でも、嬉し楽しいお話もいっぱい聞けたんで、疲れなんてぶっとんじゃました(^^)

帰り際には心温まるメールも頂き、一気に緊張と涙腺が緩む( ̄▽ ̄;)


長唄に携わるお仕事をさせて頂く度に、演奏技術はもちろんですが、それ以外のこともたーっくさん勉強させて頂きます。


ほんとに。


それにしてもやっぱり京都は日本文化度高い!!


オンナがなんぼ頑張ってもあかんです。

30代~70代の男性の日本文化への真剣な取り組み方と愉しみ方を拝見させて頂きました✨


大阪も頑張らなあきません❣️


でもオンナの力もかなり必要ですけどw



さて、大阪について、地下鉄に乗って帰るべし。


…あれ?


りょくちこうえん?


どうやら反対方向の地下鉄に乗って居眠ってたようです( ̄▽ ̄;)



…これだもんなぁ(T_T)

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»