FC2ブログ

プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

『今藤佐志郎 ゆかた会』
2018年8月26日ギオンコーナー

『和香海会 長唄浴衣会』
2018年 9月2日(日)大阪西天満「芝苑」

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


今年の文楽夏休み公演のサマーレイトショー。

『国言詢音頭』(くにことばくどきおんど)


千穐楽近くの日に観て参りました。

実話を元に作られたそうですが、公金横領までして新地の遊女(菊野)に入れあげた薩摩藩士(八柴初右衛門)の哀れと狂気の物語。

大阪での公演は実に11年ぶりとか。

いやいや、11年って…なかなかの年月ですね😅

さて、開演…

定式幕が開く時から、ややホラー感が漂っていました😅

第二部の「一力茶屋の段」の幕開きも定式幕ですが、御簾内の「花に~遊~ば~ば~♫」という明るい唄声と共に明るく幕が開きます。

それに引きかえ、この『国言詢音頭』では、仄暗い中をややゆっくり目に…

ここからもう既に、きょ、きょわい😱💦

好きな遊女に恋人(絵屋仁三郎)がいることがわかり、そして、その仁三郎宛に菊野が自分のことをけちょんけちょんに書かれた手紙を読んでしまい、挙げ句の果てには菊野やお店の人間に揃いも揃って自分の悪口雑言を言われているのを立ち聴きしてしまう…。

あぁ…なんてタイミングの悪い可哀想な初右衛門😢

そこから狂気への道が始まります。

いぇ…公金に手をつけた時点で既に彼の狂気は始まっていたのかも…。

国許に帰る、と、賑やかな宴会を催す初右衛門。

そこで、自分の悪口を書かれた手紙を2人に…

やだ~💦

ここで報復の気配💦

やがて宴会も終わり、店を後にする初右衛門。

その後、仁三郎の許婚が訪ねて来て、菊野が自分の代わりに変装させて仁三郎が待つ暗がりの部屋に上げる…なんて、ちょっとオトナな場面もあり…

菊野がちょっと複雑な思いを抱きながらも一人で眠る夜半…

初右衛門が現れます😖

さて、そこから狂気の場面へ…

哀れ、菊野は惨殺されますが、その時の初右衛門が…誠にエゲツない😭😭😭

首を締め上げるところ…太夫さんすごい❗️😱

初右衛門も菊野も、お人形すごい❗️😱

めっちゃ苦しそうでマトモに見てられませんっ😖

で…

菊野を亡き者にし…

ここからです…ホンマにエゲツないのは😭😭😭

ぐぇーーっ❗️😱
やだーーっ❗️😱
怖いよーーっ❗️😭😭😭😱😱😱

思わず眉間にシワ、手に汗握りました。

五人伐を終えて、外に出る初右衛門。

雨の中で傘を開き、「山寺の春の夕暮れ来てみれば~」と、謡を口ずさむ。

この謡は長唄「紀州道成寺」にも出てくる文句で、「紀州…」をお稽古したことのある方なら、「あっ。」と思うところですね😊

ハハハハハ❗️

と、壊れた初右衛門の高笑い…

今回は雨の場で、なんと本水が使われていました。

もぅ…ほんまにサスペンスで怖いんですけど…

二階へ上がり、窓の外を見てキマる初右衛門が…か、かっこいい💦

サイコホラーの主人公がこんなにカッコ良かったらアカンと思いました😅

昨年観た歌舞伎の『盟三五大切』に通ずるものが💦

観終わって…怖かったけど妙にウキウキと帰宅。

失敗出来ない緊張の毎日に少しホッと…リラックスした自分がいました。

あぁ…、やっぱり私はお芝居観るのん好きやねんな…

明日もがんばろ、と元気が出た次第です😊

ということで、今回は第1部が残念ながら観れませんでしたが、とても内容の濃い文楽夏休み公演だったのでは、と思います😍

今度は何年後にかかるでしょうか♫

お人形ならではの演出満載の『国言詢音頭』。

ぜひ、機会がございましたらご覧下さいませ(^^)✨

教訓:真面目な男性は騙してはいけません

#文楽
#伝統芸能
#怖いけど楽しい

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://imahujiwakami.blog.fc2.com/tb.php/742-78ae2bf2

 | ホーム |