FC2ブログ

プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

『今藤佐志郎 ゆかた会』
2018年8月26日ギオンコーナー

『和香海会 長唄浴衣会』
2018年 9月2日(日)大阪西天満「芝苑」

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


『綱館』という曲を弾き唄いするのはものすごいエネルギーのいる作業で‥ 

 お稽古終わるとしばし放心状態なります( ̄▽ ̄;) 

長唄のお稽古は先生が唄って、お弟子さんは先生と一緒にお三味線を弾きながら、息や間、音色などを覚えて行きます。 

なので、お弟子さんが曲に馴れないうちは、先生はずーっと引き連れて弾いてる感じ。

 進んでは止まり、進んでは止まり‥

まるで、青信号で発信してすぐにまた赤信号、青になって発信して、次の信号が青ならいいけど、またすぐに赤の時も‥そんな感じです。 

お稽古始めの曲は、なかなかトップギアまで行かない😅 

ローで走ってすぐ赤信号になるので超燃費悪いです(笑 


 さて‥

綱館ですが、

羅生門で渡辺綱が鬼女の腕を切り取った後の後日談です。 

正式には「綱 館之段」。 

綱のお家に、鬼女が綱の叔母に化けて切り取られた腕を取り返しにやって来ます。

 声色を使い、「叔母がはるばる遠いところから来たから入れてくれ~。」と頼んだり、綱が入れてくれないとわかるや否や、「何よ~❗️小さい頃、暑い日には扇で仰いだし、寒い日はあっためてあげたのに~❗️この恩知らずー❗️😭」って‥家の前で泣きわめき散らします。 


 ‥や‥。 


 嘘やん‥( ̄▽ ̄;) 


 なんですけどね。 


うるさ過ぎてご近所迷惑になるので、綱は家に入れちゃいます。 

物語なので、内容さえわかれば聴きやすく、大変迫力のある曲です。 

私の中では「長唄語り物部門」のトップかな~✨ 


残念ながら歌舞伎の舞台では「綱館」としては殆ど聴くことが出来ません。

 機会があれば、長唄会にてぜひ聴いてみて下さい(^^) 

 

 オススメです💕

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://imahujiwakami.blog.fc2.com/tb.php/708-a74fa4e1

 | ホーム |