FC2ブログ

プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

『今藤佐志郎 ゆかた会』
2018年8月26日ギオンコーナー

『和香海会 長唄浴衣会』
2018年 9月2日(日)大阪西天満「芝苑」

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


獺祭ちびちび頂きながら‥ 

昨日は久しぶりにゆったり長唄の時間。 

伊十郎全集の「二人椀久」のお三味線は先代のうちのお家元。
 

おぉっ! 
いきなりのトップギア? 

と、思うけど、途中で安定期に入り落ち着く。 

スタンダード過ぎず、嫌味なく‥聴き終わってみると、やっぱり芸が大きくて‥やっぱり先代の芸はすごいなぁと思います。

長唄の良いところは演奏者によって曲の色付けが変わるところなのかな。 

でもこれはクラシックでも同じことで、指揮者によって曲のイメージは変わるし、音楽に共通してることなんだろうな。

最近、改めて「えぇ曲なのね✨」と思うのが、この二人椀久と越後獅子です。 

え?今さら? 

すいません(^_^;) 

良いお唄で聴いた二人椀久。 

自分が唄方で聴いた越後獅子。 

です。 

立ち位置が変わるとこんなにも受ける印象が違うんだなぁと思いました。 

あ、お囃子のおさらえ会に出た時に思ったのは「俄獅子」ですけども。
 ↑ 
背中から聞こえるお声とお三味線の音に「ひゃあ✨えぇお声にえぇ音💓」と、思ってたら太鼓間違って、マンさんから大目玉でした。

二人椀久は‥

この人は天才かな‥

と、思ってたら、先日そのように仰る方があり‥やっぱりそうか~と。 

「筒井筒」のくだりは若い時には「来なかった」ものが、今は深く届く気がしてます。

「筒井筒」を入れ込んだ作曲者はすごいですね。

色んな好きな曲を聴いて、この曲をあの方のお唄で‥この方の三味線で‥上調子で‥

そんなことを考えてるのは至福の時です。 

私が大富豪だったら長唄会や古典芸能鑑賞会ばっかり主催してるかも。 

あ、芸はあくまで「好み」です。

viva 長唄✨

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://imahujiwakami.blog.fc2.com/tb.php/705-dbef364c

 | ホーム |