FC2ブログ

プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

『和香海会 長唄浴衣会』
【開催日】2018年 9月2日(日)

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


「芸風」というのがあって、芸は実に人それぞれ。


私はお三味線を弾いてて、師匠の芸に似ている、と言われることが一番嬉しい。


到底、師匠の芸に到達できるものではないけど‥。


師匠に長唄会のことをお伝えしたら、「それは、おめでたい✨ 頑張りなさい。」と‥。


更には応援の郵便が届き、思わず涙‥。


お越し頂くことが叶わなかったので、翌日にお電話を入れた。


「どうだった?うまくいった?」と、お尋ね下さるので、「はい、お陰様でたくさんのお客様にもお越し頂き、演奏も‥。」と、答えたら「そう♫それは良かった!何よりです。」と明るいお声‥。


ただただ長唄が好きで、師匠の元、お稽古して来ましたが不詳の弟子。


「演奏会なんて100年早い」と言われることも多い業界で、きっと、仰りたいことも沢山あると思う。


でも、都度、温かく見守って下さる。

師匠に会の報告する時はいつも、その温かさについ涙腺が緩む。


私に長唄の存在を教えてくれたのは母。


長唄の技術を教えて頂いたのは師匠。


二人のお名前から字を頂いて「和歌美」とつけました。


数年前‥


「貴方の師匠のように弾いていてはダメ」


「女流は女流の弾き方がある」


と、師匠の芸を全否定されたことがあった。


師匠のお稽古に行くことさえ阻まれた。


しかも演奏会の直前のこと。


思わぬ言葉に、どういうことか分からず、うろたえた。


すごく悩んで‥。


その時の演奏は迷ったものになってしまった。


でも、演奏を重ねるごとに、やっぱり自分は師匠の芸が好きだ、と。


そして、「貴方の師匠は素晴らしい芸をお持ちなんだよ。」と言ってくれる人もあり‥。


悩んだ末、吹っ切って前へ進むことに‥。


今はその途中。


でも、その方向に進んで、今は正解だったと思う。


それは、聴く人が、そして、師匠の芸をご存知の人が「その芸は素晴らしい」と、いろんな角度で教えて下さるから‥。


少しでも師匠の芸に近づきたいと思う。


今の私には「和歌美さんのお三味線は先生にそっくり」という言葉が何よりのご褒美。


その先はまだまだこれから‥。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://imahujiwakami.blog.fc2.com/tb.php/673-3f6e195b

 | ホーム |