プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

長唄会『三橙會』
【開催日】2018年 5月6日(日)
大阪 山本能楽堂にて

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


先日、シェラトン都ホテル大阪にて華道の 山村御流和裕会教授会様 のお席で長唄のお話を交えながら演奏をさせて頂きました。


お花と季節にちなんで「元禄花見踊」「菖蒲浴衣」「岸の柳」から抜粋で演奏。


1人でイスでの弾き唄いということで、やや慣れないスタイルではありましたが、お話を交えながらということで演奏させて頂きました。


「お三味線で唄う」ということも体験して頂きたく、「さくらさくら」「祇園小唄」の歌詞もお配りして、合唱して頂きました。


「本手」と「替手」で雰囲気が変わる、ということも唄って体験して頂きました。


教授会とのことでお着物姿の方がほとんどで、さすがに皆様、和文化へのご興味深い方ばかりとお見受けし、つたない演奏にご静聴を賜りました。
(緊張しました💦)


お話の中で「お三味線の音を間近でお聴き頂くことが少ない時代になりましたので‥。」と申し上げると、皆様がウンウンと首を縦に振られ、つたないながらも生音をお聴き頂ける機会を設けて頂けたことに感謝の念を抱いておりました。


この度、お声がけを頂きました増田真理子さんは娘(JD)が幼稚園からのママ友さんです。


お互いに和文化に触れる身で、会うたびに「伝統芸能頑張らなくちゃね。」と話します。


以前は学校保護者会での「和文化」講座にもお声がけを頂き、長唄と和文化についてのお話をさせて頂きました。


大きな舞台で長唄の演奏をお聴き頂くのは勿論大切ですが、こうして身近に感じて頂く機会も三味線音楽の復興につながる一コマになれば‥と思います。


おば様である大先生のお手伝いをされている増田さんを見ていると、こうして「次世代に繋いで行ってくれる人」がある、ということは大切なことだなぁと切に感じました。


日本の素晴らしい文化を残して行きたいですね。


増田さん、度々お世話になりありがとうございました✨

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://imahujiwakami.blog.fc2.com/tb.php/663-83688f36

 | ホーム |