プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

『太明藏・太明十郎の会』
【開催日】 4月2日(日)11時開演br 【料 金】 4000円 br 【会 場】 大阪大槻能楽堂06-6761-8055

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


攻める

以前、会で弾くための曲をお稽古して頂いていた時のこと。

ある御大の演奏をイメージして弾いた部分。

「あのね、そこんところ、そんな風に弾くと僕らみたいなおっちゃんやおばちゃんみたいな演奏になっちゃうの。だから、もっと若々しく弾きなさい。」

そう師匠に言われた。

「若い時には颯爽とした演奏を。」


へんに年寄りじみた、ベテランじみた演奏をしない、ということなんだな。


「走る」んじゃなくて「攻める」。


そういう年齢や変化に富んだ演奏を出来るというのが長唄の良いところ。


クラシックもそうだと思う。


指揮者の作り方で音楽が劇的に変わる✨


ある時、「まだ攻めるトシなんだよね(´・_・`)。」と、家で言ってみた。


すると、

「なに言うてんねん。◯◯さんは◯◯歳やけど、まだまだ攻めてるで。」

と、一流男性プロの名前が返ってきた。


た、たしかにそうだ^^;

某有名師匠が踊りの会でなく、長唄会で演奏されていた時、すごくカッコよかったのが印象的だった。

あれは確かに「攻めて」らした演奏だった。


音楽は「おっちん」したらアカンのだな。


「攻める」音楽に人は耳を傾ける。


長唄は本当に奥が深い。


「攻め」「間」「音色」「バチさばき」…全てを自在に操るのはほんとに難しいなぁ。


さ、おけいこおけいこ。

写真は今朝の空♫

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://imahujiwakami.blog.fc2.com/tb.php/555-41b73bb8

 | ホーム |