FC2ブログ

プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

『今藤佐志郎 ゆかた会』
2018年8月26日ギオンコーナー

『和香海会 長唄浴衣会』
2018年 9月2日(日)大阪西天満「芝苑」

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


先日の演奏を…

お聴き頂くにあたり、最も緊張する方が客席においででした。 

はい。

 …うちの先生ですσ( ̄▽ ̄;) 

公演のお話をさせて頂いた時に「必ず行きますから。」と笑顔で仰って下さったので、ご招待をさせて頂いたのですが…。 

本当に来られるのかしら… 

 ドキドキ…

 当日、開場して間も無く、控え室のドアがコンコンと鳴り… 

お顔を覗かせられたのは先生でした。 

ナイスタイミングで、長唄さんも全員集合中で…😅 

ひとしきりお話しをされ、笑顔で「がんばってね。」と、お言葉を賜りまして、先生は控え室を後にされました。 

そうして、『梅の栄』『二人椀久』をお聞き頂いたわけですが…

果たして、うちの先生にはどんな出来に聞こえられたのでしょうか…

 演奏を終えて翌日。

 取り急ぎお礼のお電話を入れました。 

「二番ともね、大変けっこうでしたよ。ほんとに。お客さんも沢山でね、本当に何よりでした。」 

 不安解消😂 

「梅の栄」は初めて同門会に出させて頂いた時に弾かせて頂いた曲で、うちの先生も同じだと伺いました😊 

 そして『二人椀久』。 

やっぱり難しい曲でした。 

今回は途中、抜き差し(カット)して約35分。 

先生から教えて頂いた事をベースに、今回、ご一緒頂く先輩方と35分間のドラマをどうやって形作れば良いのか…とても迷い悩んで悩んで… 

(長唄の演奏は“いつメン”で演奏される事が少なく、ほぼ毎回演奏メンバーは変わるのです) 

ただ…昨今の「二人椀久」は後半、三味線とお囃子がバトルのようなタマが多くて…
それはそれで凄いんですけども、実は私はあんまり好きではなくて… 

(長唄スーパーLive!の時は鷺娘をバリバリ弾きましたけども) 

今回は特に、折角、音の良いホールなので、バトルチックではなく、素囃子としての「二人椀久」そのものを聞いて頂きたい、と思いました。 

偉そうなことを言ってますが…あくまで理想です。 

でも、それにはまだまだ自分の解釈が甘く、当日を迎えるまで…感覚ではわかっているのに、手が、音が、思うように出せない。 

そんなこともありました。

 ↑
いぇ、そんなことだらけです 

 そんな中…

嬉しかったことがひとつ。 

「二人椀久」を弾くなら、絶対にトライしてみたかった、「さりとはさりとはかたじけない」の後の三部構成のタマ。 
(通常は三部構成ではないのです)

 立てと脇がオクターブで弾くことにより音の厚みが出て、さらに攻めたり守ったり…

 お囃子も手が非常に細かくて難しいと聞いていますが、さすがの安定感。

 気持ち良いひと時でした。 

終演後、「椀久」をよく知っている人から「二人椀久という曲を堪能させてもらいました。またぜひ演奏を聴かせて頂きたいです。」と感想を頂きました。 

少しは自分の目指した椀久を感じて頂けたのかな…と、嬉しく思いました。 

(あくまで、私の未熟な部分は置いといて…です)

 色々あって…当日の演奏は、良いも悪いも今の私の身の丈の演奏だったかな…と、思います。 

様々あり、今後の課題もはっきりと見えました。 

いつか自分にとっての完璧な椀久が弾けたら…

そう思います。

 芸には好みがあります。 

私の「椀久」は、先生に教えて頂いた「椀久」。 

まだ先生には届かなくても、今回、私なりの「二人椀久」を作り上げることに寄り添い、手を差し伸べて下さった方々に…深謝いたしますm(_ _)m


 | ホーム |  前のページ»»