FC2ブログ

プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪


出演情報

instagramライブ配信
「古典芸能の沼へようこそ」
長唄や古典芸能のお話を演奏を交えながらお届けしています♪
よろしければご視聴下さい。
インスタライブ配信用アカウント

wakami_nagauta

instagramやっています♪
imahujiwakami

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


今日、厳密に言うと昨日。

少々、ご縁あって乙女文楽と地歌のコラボレーションという公演に呼んでいただきました。


乙女文楽についてはまた改めてご紹介したいと思いますが…。



今日はお琴の演奏を20畳弱ほどの和室で聴きました。


「いやいや、お琴の音色というのはホールよりも和室で聴くのがいいもんだな。」なんて思っていたら、合間の説明で奏者の方が「地歌(箏曲)はお座敷で聴いていただくのが一番良いと思います。」と仰った。


なるほど~。


ほんとにその通りでした。


長唄じゃあこうはいかんな。と。


地歌と長唄では発展の経路が違うので、やっぱり演奏する場所やバチの当て方が変わってきますね。


そして、「上方芸能」を創刊された木津川計さんのお話がありました。

昔、竹原はんさんがご自身のお店(赤坂のはん居だったかな?)のお庭で厳選30人のお客様だけを呼んで地唄の「雪」を舞われる会というのがあったそうで、会費はお食事付きで5万円。

なんと、舞われている最中に本当に雪が降ってきて、それはもう言葉に尽くせない情景だったとか。



いやはや稀代の名人にはすごいお話があるもんですね。




««前のページ  | ホーム |  前のページ»»