プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

『太明藏・太明十郎の会』
【開催日】 4月2日(日)11時開演br 【料 金】 4000円 br 【会 場】 大阪大槻能楽堂06-6761-8055

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪





三浦しをんさんの「あやつられ文楽鑑賞」を読了♪

単純に面白かった♪

三浦さんがとっても文楽がお好きで、またことごとく由良之助がキライだということもよくわかった(笑)


そして、「モチズキタメゾウシャチュウとはなんぞや?」というくだりには、やはり大ウケしてしまった。


そうなんです。

モチズキタメゾウは人の名前です(笑)

そりゃ~ナゾのお囃子集団ですよね。あははは(^◇^;)


御簾内でお囃子の音を奏でるお囃子マンたち。


どなたかのブログでも「一度、御簾のスダレを上げてもらいたいものだ。」なんて書かれているのを見たことも。

日舞や邦楽の会をご覧になる方は姿を見ることはあっても、文楽だけご覧になる方にとっては音だけの存在ですもんね。


というわけで、来年の文楽お正月公演の「義経千本桜」「川連法眼館の段」では‘鼓抜け’という演出があり、小鼓を打つお囃子さんが舞台に現れます。

あっと驚く仕掛けがあるんですよね~♪

珍しいのでオススメです(^^)

あやつられ文楽鑑賞が書かれてしばらく経っているみたいですが、三浦さん、モチズキタメゾウシャチュウがどんな人たちなのかお分かりになったかなぁ~(笑)
仏果を得ず (双葉文庫)仏果を得ず (双葉文庫)
(2011/07/14)
三浦 しをん

商品詳細を見る




三浦しをんさんの「仏果を得ず」読了~。


文楽の演目と舞台裏を絡めた内容で面白かった~(^_^)v



どっちかって言うと文楽の中でも人形遣いさんより義太夫さんの話がメインなんだけど、よく取材されたようで各御仁のエピソードが織り込まれていて笑えました


ただ…


小学生ミラちゃんのお母さんの大阪弁。


あれはちょっと個人的にはいただけなかったかな~


大阪市内在住で、たぶん私より少し年下の設定だと思うんだけど、あんな大阪弁使うかな?


あれでは大阪のおっさん…


作者の三浦さんは東京生まれらしいから、大阪弁の細かなニュアンスはわからないのかな?


それともミラちゃんのお母さんは泉州あたりの出身なのかもしれない。


あと、男女のくだりは私には要らなかったけど、浄瑠璃の内容と絡めるには必要だったのかな?


まぁ、あんまり国語力のない私だから読み解けてないのかもしれない


少々気になることはありましたが、読みやすくて面白い一冊でした

疾走

重松清さんの『疾走』を読んだ。

とてもへびーだった

まともな大人が誰一人出てこない。

大人の在り方を考えさせられた。


お囃子マンいわく「あんなどぎつい本読んだん?」

読みましたよ。


自分が買ってきたんぢゃん。。
私が今までに読んだ本や読みたい本をリストアップしています。

単なる趣味です

CDは邦楽関連のものをリストアップしています。持っているもの、聞いたことがあるもの、まだ聞いたことがないもの…色々ですが、お探し物の参考になれば幸いです。

↓のページ、もしくは当ブログ「ブックマーク」の「和歌美のおすすめアイテム」からもご覧いただけます。

http://imahujiwakami.com/osusume.html

長唄と偶有性

茂木さんの本に書かれている「偶有性」…「半ば予想ができて、半ば予想ができないこと。半ば規則的で、半ば不規則なこと。半ば確実で、半ば不確実なこと

長唄の舞台って、まさしくその「偶有性」そのものではなかろうかと思う。

長唄の舞台は、何人かで全く同じ旋律でお三味線を弾き(時々替手が入る)、同じ唄を唄い、お囃子も入る。
いくらお稽古を重ねて舞台に上がったとしても予測不可能なことがよくおこる。


「半ば予想ができて」 →(お稽古を積んでいるので曲の完成イメージはだいたい予想できる

「半ば予想ができない」 →(お稽古のときは一人ないし師匠と二人なので、演奏者が勢揃いした時の演奏イメージがはっきりとは予想できない)

「半ば規則的で」 →(唄、三味線、お囃子は規則的に合奏される

「半ば不規則なこと」 →(何かの拍子で唄、三味線、お囃子のノリが変わる時がある

「半ば確実で」 →(一旦、舞台に上がったら演奏が始まる

「半ば不確実」 →(何かが起こり、演奏会が無くなるかも!)

で、茂木さんいわく、この「偶有性」の状態が人間の脳にとって最大の栄養なんだそう。

てことは長唄していたら脳にいいっていうことですね。なるほど。


いま、ちょっと茂木さんの本がマイブームです。(好き嫌いはべつとして)


茂木さんの本は右下「ブックマーク」→「和歌美のおすすめアイテム」にアップしています。

 | ホーム |  前のページ»»