プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

『太明藏・太明十郎の会』
【開催日】 4月2日(日)11時開演br 【料 金】 4000円 br 【会 場】 大阪大槻能楽堂06-6761-8055

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


人生最高の…

嬉しいことがありました^_^


単純な人間なので褒めてもらうと喜びます。


最近、言われること。


「W先生仕込みですね。」


W先生=師匠のことです。


師匠の演奏を体感して知っている人に言われる機会が多くなりました。


全盛期の先生の演奏には到底届くはずもありません。


それは自分が一番わかります。



でも…


自分のお三味線を聴いてもらって、「W先生ですね。」と、言われるのは…何だか嬉しいです。


もしかしたらわたしの人生最高の出会いは師匠との出会いだったのかもしれません。


そんな風に思います。
夜も更けて参った。

音が大きくては近所迷惑。

「忍び駒」にて忍んで参ろう。

街中に住む辛さよの。

さて。

先日、道成寺へ行きました。


あぶらとり紙はお弟子さんへのお土産に♫


「花の外(ほか)には松ばかり 花の外には松ばかり 暮初めて鐘や響くらん~♫」


道成寺もので有名な唄いがかりです。

『京鹿子娘道成寺』では、曲のアタマに出て来ます。

でも

『紀州道成寺』では中盤に差し掛かった頃に出て来まーす。

しかも‥。

『京鹿子‥』では、その後、はんなりと「鐘に恨み~は~数々ござる~」

なんて言いながらも

「初夜の~鐘を~つく時は~」

なんて優しい雰囲気で唄が続きます。

さて『紀州‥』は違います。

「春の夕暮れ 来て見れば~」

「入相の鐘に花ぞ散りける」

しっかりとした力強いお唄に、お囃子とお三味線の音も加わり激しさを増します。

「思えばこの鐘怨めしやとて、龍頭に手をかけ飛ぶよと見えしがひきかづいてぞ入にける」

清姫=花子の恨みパワー炸裂です。

『紀州道成寺』は‥熱いです( ̄▽ ̄;)

でも、奏者はその熱さに呑まれてはいけません。

眈々と安珍を狙う清姫のごとく冷静な部分も持ってなくてはいけません。

難しや。

それにしても

お囃子かっこよすぎる。

唄も

お三味線も

カッコいい( ̄▽ ̄;)

長唄の中でも「紀州道成寺♫かっこいいですよねー!」って言われる曲です。

こうやって、自分でハードル上げてるし‥_| ̄|○



4/2、大槻能楽堂で弾かせて頂きます。

がんばりまっする(°▽°)

嬉しい便り♫

岩手から嬉しい便り✨

可愛がっていた小さな男の子も、もう立派なお父さんだとか。

4/2、マンさん、喜ぶだろうなぁ(*^^*)

「会」というのは、やってみればその回ごとに色んなドラマがあるもんだ、と毎回思います。

楽しいこと、嬉しいこと、辛いことも含めて凝縮されてる気がします。

さて、行間と戦った「番組」プログラムが仕上がって参りました。

裏だけチラ見せw

実際はも少し濃い色ですが^^;

今回は初代と二代目の写真も掲載することが叶いまして、ご来場頂いたお客様には昔の舞台のひと幕をご覧頂ける機会になれば‥と思っております。

お見苦しい点もあると思いますが何卒ご容赦のほど宜しくお願い申し上げますm(_ _)m
さて、いよいよ『第9回 太明藏•太明十郎の会』当日まで二週間を切りまして、諸々の準備も進んでおります。

お稽古日は残すところあと二回。

出演のお弟子さん達は、下合わせ(リハーサル)の日に初めて長唄の先生方やお囃子のプロの方と並んで演奏します。

小鼓や太鼓のお囃子や長唄の会では、日頃のお稽古を披露するお弟子さんのために、周りを固めるプロの方々が全力でサポートして下さいます^^;

さて、明日はお稽古日。

私もお三味線で一日中、地弾き(伴奏)のお手伝いに入ります。

そして引き続き、明後日はうちのお稽古日。

出演のお弟子さんのお稽古にお囃子のツボ合わせをしてもらう予定です。

皆んな、スケジュールキツキツでクタクタだけど、少しでも良い演奏に‥少しでも良い会になるように願って頑張ってます。

自分に「がんばれ~。」って言うのが合言葉みたいになってる(笑

ふふ~ん。

また用事託されたけど‥頑張るもんねーだ(°▽°)

さぁーて、抜き差し書こう♫
頂き物の熨斗紙に書かれたひらがなの「そ」。



これなに??

どういう意味??


っていうことをよく耳にします。


古典芸能、伝統芸能の世界ではよく使われるんですが、普通は「なんだこれ?」と思いますよね^^;


「心ばかりの品ですが、どうぞお使い下さい」

粗品。

つまらないものですが…というのは日本人特有の、相手よりも自分を控えるという「控えめな心」。


漢字で書くと堅苦しい感じになるので、ひらがなで「そ」と書くのかな、と思います。


どなたが初めて書かれたのか、私は知りません^^;

でも、なんだかすっきりしていて奥ゆかしいので、私は好きです^ ^

「粗品」「粗」「そ」

書き方は色々です。


もし、誰かに頂いたものの熨斗紙に「そ」って書いてあっても「なんだこれ?」って思わないで下さいね。

心ばかりのお品…どうぞお使い下さい^ ^

※写真の「そ」は筆耕の先生の文字です。


 | ホーム |  前のページ»»