プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

『太明藏・太明十郎の会』
【開催日】 4月2日(日)11時開演br 【料 金】 4000円 br 【会 場】 大阪大槻能楽堂06-6761-8055

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


2017年4月22日。
伊勢神宮 内宮 参集殿にて山村流地唄舞と長唄の奉納公演をさせて頂きました。



当日はもったいなくも鷹司大宮司様に公演をご高覧賜ることになり、さらに控え室では直々にご挨拶までさせて頂き、身に余る幸甚なお時間でした。

参集殿にて集合の後、神楽殿にて太々神楽を拝見し、正式(御垣内)参拝へ。




素晴らしいお天気に恵まれ、木々の隙間からさす陽の光は神々しく、舞台では心地よい風を感じ、神様の息吹を感じながら演奏させて頂きました。

地唄舞『神楽初』立方 山村若女


長唄『嶋の千歳』唄 今藤政之祐 三味線 今藤長三朗 今藤和歌美 小鼓 望月太明十郎




地唄舞『石橋』立方 山村若女 山村若瑞



先輩方とご一緒させて頂くことが出来て、私にとっては何より幸せいっぱいの一日となりました^_^

公演を終えて宇治橋を渡る^_^


公演終了後は美味しい「とうふや」さんで直会♫




五十鈴川が見えるとても素敵なお店でした(´∀`*)

この度、ご一緒頂きました山村若女先生。
お嬢様の山村若瑞さん。

公演をご覧頂きましたお客様。

そして、この度の奉納公演に際し、多大なるご尽力を頂きました葉室頼廣氏に心より御礼を申し上げます。

さて!

明日からまた頑張ります!

舞台写真撮影:西村宣世

下ざらい



下ざらい終了して帰宅~♫

長唄さんと合間にツーショット^_^


朝から晩まで一日中、長唄三昧💖

さて!

明日は本番です!

皆さん、頑張って~\(^o^)/


わたしもかーww
先日、ご縁を頂きましてサンシティパレスさんにて長唄の演奏をさせて頂きました。


催しは1時間の公演で、簡単な曲の解説を含みながら、雰囲気の異なる曲を4曲演奏しました。

ご高齢の方ばかりでしたのでお疲れにならなかったかと、やや心配もありましたが、終演後、客席を通って控え室に帰る途中、出演者に向かってパチパチと拍手を送って下さる方も多く、嬉しく思いました(*^^*)

まるで、アイドルの出待ちをする若者のように頰を少し紅潮させ、高揚した感じで拍手をして下さる様子に、「ワクワク」を感じて頂けたのかな、と…。

帰り際、ロビーで話しかけて下さったおばあさま。

ご病気をされているとのことでしたが、それはそれは楽しそうに公演のことを話して下さいました。

「私はダンスが好きなんですが、今日は本当にすごくいい音で、大変良かったです。ワクワクしました。ここにいたら楽しいことが沢山あります^_^」

なんと、世界一周に行っているより楽しいそうです。


「すごい」と思いました(^_^;)

スタッフの皆様のおもてなしのお心遣いが素晴らしいです。

良い経験をさせて頂きました☆

公演を終えて…ご好評を頂き、ひとまず安心。

共演頂いた皆様のお陰でお客様に楽しんで頂けたのではないかと思います。

長唄は一人では良いものをお届け出来ません。

かといって、人数がいるからと言って良い演奏になるとも限りません。

楽器のセッティング、演奏メンバー、舞台環境、様々なものが上手く合致して良い演奏が生まれます。



うーん…奥が深い…。


そうそう。

お雛祭りの時期でしたので、館内にはとても素敵な雛段が幾つか飾られていました。


はんなりとした素敵な時間を頂きました。

ありがとうございました(*^^*)
2017年1月30日在日フランス商工会議所様より
草月流華道家 矢田青幸氏のライブ生け花と三味線演奏のコラボレーションをご依頼頂きました。

会場が洋風でしたので古典音楽だけでなく、オリジナル曲をミックス。
大変音響の良い会場でしたので、演奏者としては大変有難く感じました。
パフォーマンスが始まると皆様「シーン」と集中してステージを御覧頂いていたように思います。

矢田先生とご一緒させて頂いたのは今回、三度目ですが、もちろん使われるお花も毎回違いますので、そのお花の雰囲気にあった音を出さねばと思うところ。
そして、活け終わりに合わせて曲がぶつ切れにならないように…ハサミを置かれて演奏も終わる…。
お花は生き物なのでリハーサルはありません。
いつも簡単なお打ち合わせのみで、ほぼぶっつけ本番。
ステージを終えて、ひとしきり経ってから拝見する矢田先生の生け花はいつも華やかで素晴らしく、果たして自分の演奏は矢田先生のパフォーマンスに音の華を添えていられただろうか…と、まだまだ勉強と経験が足りぬと反省しながら正面からお花を眺めます。


いろんな経験をさせて頂いてインスピレーションを頂いています(^^)
最後になりましたが…この度、お声がけを下さいました寺田氏に心より感謝を申し上げます。
そして
矢田先生♫
助手のはるちゃん♫
製本作家のあむちゃんも♫

ありがとうございました(^^)
今藤和歌美
「初春文楽を観に行こう会♫2017」




約40名のお客様にご参加頂き、お陰様で今年も滞りなく終了いたしました^_^

開演前に、お囃子の望月太明十郎さん(うちのお囃子マンなのでさん付けはおかしいですが一応ww)にてお囃子の聴き処を解説させて頂いて、その後は人物関係図を元にあらすじをお話させて頂きました。

イヤフォンガイド、パンフレットのご案内をして、お弁当の受け取りを済ませば、さて、お座席へ♫

私も少し離れたお席でしたが、第一部を鑑賞させて頂きました。


「寿式三番叟」「奥州安達ヶ原 環の宮明御殿の段」」「本朝廿四孝 十種香から奥庭狐火の段」。

これぞ文楽、という演目が並び、感動と興奮の数時間✨

終演後はまた解説のお部屋にて、今度は人形遣いの吉田幸助さん、吉田玉誉さん、吉田玉彦さんによるお人形の解説。







目の前で詳しく解説を頂き、とても近くで皆さま喜んで頂きました。
お忙しい中ありがとうございましたm(_ _)m


公演の様々を拝見し、それにまつわる自分の思い…。

帰宅後、興奮冷めやらず…また無事に1日が終わったことの安堵感も手伝って、思わず込み上げるものがあり、感極まっておりました。

ご出演の方々、お客様、劇場スタッフさん…伝統芸能の熱量というのは、言葉で尽くせないほどの様々な感動を私に与えてくれます。

この春、4/2(日)のお囃子「太明藏•太明十郎の会」はささやかながら初代望月太明藏五十回忌、二代目望月太明藏二十七回忌追善会とさせて頂くことになり、初代からご縁を頂いております文楽さんよりゲストをお招きしての公演を予定しております。

そんなことも含め、昨日は舞台を拝見しながら…感動と期待に胸が膨らんでおりました。

伝統芸能の素晴らしい時間を皆様とご一緒させて頂ける幸せを噛み締めて…

今年もまた頑張って参りますので、何卒宜しくお願い申し上げます✨


今藤和歌美

 | ホーム |  前のページ»»