プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

長唄会『三橙會』
【開催日】2018年 5月6日(日)
大阪 山本能楽堂にて

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


先日、シェラトン都ホテル大阪にて華道の 山村御流和裕会教授会様 のお席で長唄のお話を交えながら演奏をさせて頂きました。


お花と季節にちなんで「元禄花見踊」「菖蒲浴衣」「岸の柳」から抜粋で演奏。


1人でイスでの弾き唄いということで、やや慣れないスタイルではありましたが、お話を交えながらということで演奏させて頂きました。


「お三味線で唄う」ということも体験して頂きたく、「さくらさくら」「祇園小唄」の歌詞もお配りして、合唱して頂きました。


「本手」と「替手」で雰囲気が変わる、ということも唄って体験して頂きました。


教授会とのことでお着物姿の方がほとんどで、さすがに皆様、和文化へのご興味深い方ばかりとお見受けし、つたない演奏にご静聴を賜りました。
(緊張しました💦)


お話の中で「お三味線の音を間近でお聴き頂くことが少ない時代になりましたので‥。」と申し上げると、皆様がウンウンと首を縦に振られ、つたないながらも生音をお聴き頂ける機会を設けて頂けたことに感謝の念を抱いておりました。


この度、お声がけを頂きました増田真理子さんは娘(JD)が幼稚園からのママ友さんです。


お互いに和文化に触れる身で、会うたびに「伝統芸能頑張らなくちゃね。」と話します。


以前は学校保護者会での「和文化」講座にもお声がけを頂き、長唄と和文化についてのお話をさせて頂きました。


大きな舞台で長唄の演奏をお聴き頂くのは勿論大切ですが、こうして身近に感じて頂く機会も三味線音楽の復興につながる一コマになれば‥と思います。


おば様である大先生のお手伝いをされている増田さんを見ていると、こうして「次世代に繋いで行ってくれる人」がある、ということは大切なことだなぁと切に感じました。


日本の素晴らしい文化を残して行きたいですね。


増田さん、度々お世話になりありがとうございました✨

「文楽を観に行こう会2018♫春」




吉田幸助改め5代目吉田玉助襲名公演

今回は当企画リピートの方で早々と満席頂き、春の吉田玉助ご襲名を心待ちにして下さった皆様のご様子に大変嬉しい1日となりました。

沢山のお客様にご参加を頂き心より御礼申し上げます。

•開演前のあらすじ説明
•吉田玉助氏との記念撮影
•第1部鑑賞
•竹澤宗助氏による義太夫の解説
•懇親会

今回は以上のツアー内容とさせて頂きました。

新玉助さんとの記念撮影は開演前の段階で、と、ご本人にお願いしていたのですが、お客様にはお伝えせずサプライズに😊



紋付袴のお姿はご襲名公演ならでは。とても素敵です✨



玉助さん、お忙しい中有難うございました✨

第1部鑑賞後、「文楽を観に行こう会♫」としては初めての竹澤宗助氏による義太夫の解説。


「義経千本桜」にご出演の後、演奏を交えながら糸や譜面の説明まで、とてもご丁寧にお話をして下さいました✨




お疲れのところ有難うございました🙇‍♀️

終了後は「文楽茶寮」にて、これも初めての企画にてティータイム懇親会。

文楽が初めての方もお好きな方も和気あいあいと和やかに時間が過ぎました♫
(写真撮るの忘れました😓)

ご遠方の方も含め、朝から夕刻までの長時間でしたが、アクシデントもなく無事に鑑賞会が出来ました。

また、ロビーでは奥様の 中西らつ子さん のイラスト入り筋書きを頂き、皆様のテンション⤴︎⤴︎💖でした(^^)

いつも有難うございますm(_ _)m✨


文楽劇場様よりツアー参加者様に数々のお心配りも頂戴し、心より御礼を申し上げる次第です。

以下はわたくし個人的なことですが‥😅

今回の演目は、私の脳内CPUのスペックが追いつかず、あらすじのお話が満足いくものにならず反省しております。

時代物は人物相関図が難しい!( ;∀;)

若い時からちゃんと勉強して脳を鍛えておくべきでした。

学校時代の先生方、ごめんなさい( ;∀;)

いかに短時間でわかりやすくあらすじをお伝えできるか!

そして、いかにスムーズにツアーを敢行できるか!

いかに親しんで頂くことが出来るか!

そこが私の役目かと思っております😅

古典芸能初めての方にもお好きな方にも「来てよかった」と感じて頂けるように、微力ながら諸々頑張って参りたいと思います。

今後とも何卒宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

最後になりましたが、お客様を始め今回の催しに携わって頂きました皆様に‥

心より御礼を申し上げます✨

そして、新吉田玉助様の益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます✨

ありがとうございました❣️

(5/6の長唄会第二回『#三橙會』もよろしうお頼み申します😅)



今藤和歌美
ぎおん楽楽さんでの「茶狂会」月釜にて舞の地方にてお手伝いでした。

13時から17時まで5席のお茶席は満席で、今回の趣向は金井匠子さんと岩崎香りさんの舞「京の四季」。





私は弾き唄いにてお手伝いさせて頂きました。


お客様が近い空間での弾き唄いは大変緊張しましたが、お茶会はとても楽しく和やかなご様子でした。


主催の中田智之さん、ご亭主の中山福太郎さん、お点前の奥見愛さん、作陶家の平金昌人さん、皆さん、とても親しみやすくお話をして下さり、不作法ものの私でもとても楽しいお茶の時間を体験させて頂きました。

お濃茶と老松さんの美味しいお菓子も頂いて♫



時々お茶会の体験をさせて頂き、その度に温かい方々に恵まれ、美味しいお茶と素晴らしいお道具を堪能させて頂きます。

長唄をやっていて、ほんとに色んな機会を頂くなぁと思います。

それに伴い、益々自己鍛錬、勉強しなければ‥と、思います。

演奏の後は美味しいお食事を頂きながらの楽しいお時間でした^_^



美女に囲まれお三味線の話で盛り上がる(≧∀≦)


帰りには祇園白川の桜がとってもきれいで‥
お茶会で偶然お会いしたM氏にお写真撮って頂きました♫


ありがとうございました😊
先日、平安神宮で京都嶋原の末廣屋さんによる『はろうきてぃ太夫』の御披露目がありました。


•内拝殿まで葵太夫とはろうきてぃ太夫による太夫道中



•お祓い
•かしの式(葵太夫)
•かしの式(はろうきてぃ太夫)
•葵太夫 奉納舞「いにしえ」

産経新聞女性向けサイト 「メトロポリターナ」より

「いにしえ」は嶋原の太夫だけに許された舞の曲で、「嶋原の太夫」という言葉が詠み込まれています。


•はろうきてぃ太夫 奉納舞「花のはろうきてぃ」




•玉串奉納(葵太夫)
•玉串奉納(はろうきてぃ太夫)


「花のはろうきてぃ」は、この度、はろうきてぃ太夫のために作曲させて頂きました。
作詞は司太夫です。


はろうきてぃ太夫、お稽古を重ねられ、とても上手に曲に乗って舞っておられまして、すごく嬉しかったです😊


子供の頃から見ているキティちゃんの地方という、レアな体験💕


感無量です✨


キティちゃんが三味線音楽に乗って日舞を舞うことで、子供たちにも「和の文化」に親しんでもらえる機会が増えればいいなぁと思います😊


末廣屋さんは和文化を伝えると共に、「太夫」と「花魁」の違いをもっと世間の方に知ってもらいたいと、様々な活動を通じて、司太夫、葵太夫親子が頑張っておられます。

※太夫は「芸」でお客様のおもてなしをします。

これからもご発展とご活躍をお祈りしております✨

貴重な体験をありがとうございました💕

産経新聞女性向けサイト 「メトロポリターナ」は以下リンクよりご覧頂けます。
産経新聞女性向けサイト「メトロポリターナ」
【和を愉しもう♫お茶屋さんで長唄スーパーLive!】


無事に開催することが出来ました✨

早々に満席のお申し込みをいただき、ご来場頂いた皆様、誠にありがとうございました❣️

ご挨拶から始まり、『都風流』『長唄と鷺娘のお話』『鷺娘』の演奏まで、その後はお食事の時間でした。




有難いことに、会場は終始和やかな雰囲気に包まれ…ご参加頂きました皆様には本当に感謝をしております😊


演奏はまだまだ100点には到底届くものではありませんが、ご賛助頂きました今藤政子さん、今藤長三朗さんのご協力のお陰で皆様には本格的な長唄を肌で感じて頂くことが出来たのではないかと思っております。

ホントに、先輩方には足を向けて寝られません😅


この距離感はさすがに緊張しました(^_^;)


夕方からのレイトショーということで、遅くまでお付き合いを頂きました。

お食事は天保からの老舗「たこ竹」さんの大阪寿司でした。



帰り際、皆様の温かい笑顔とお言葉を思い返し、本当にありがたいこと、と…胸が熱くなっております。

これからも頑張りますので、何卒よろしくお願い申し上げますm(_ _)m✨✨

最後になりましたが、会場のお茶屋「たに川」の若旦那、谷川様にも心より御礼を申し上げます。

大切なお客様へのおもてなしをありがとうございましたm(_ _)m✨



さて、いよいよ師走に入りました。

年末に向けてまた諸々頑張ります❗️

 | ホーム |  前のページ»»