FC2ブログ

プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪


出演情報

instagramライブ配信
「古典芸能の沼へようこそ」
長唄や古典芸能のお話を演奏を交えながらお届けしています♪
よろしければご視聴下さい。
インスタライブ配信用アカウント

wakami_nagauta

instagramやっています♪
imahujiwakami

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


こんばんは。

夜和歌美です。


不穏な世の中、きつい寒波、諸々の嬉しくない知らせ…


ここ数日、立て続け⤵️⤵️⤵️で😩


さすがにモチベーション下がりそうでしたが…そんな中でも嬉しいこともある😤


「先生、今月で6年を越しました。」というお弟子さん。


まだ4~5年かと思いきや、7年目に突入✨


本当にあっという間です。


私はしっかりと技術をお伝えできているのだろうか…とも思います。


夜は夜で、繋いだご縁から思わぬ嬉しいメッセージ。


人に教えることで、より熱心に自分のお稽古に励むお弟子さんのお話を伝えて下さいました。


ほんまですね。


頂いたメッセージで、師匠というのは、ある程度寛容でなくては、人は育てられへんのやなぁと思いました。


(それにはもちろん、教える技術のレベルは大切ですけども)


私は決して満足のいく師匠ではないですけれども、30代の時にご縁があって、恐る恐る師匠に許可を得てお稽古場を開かせて頂きました。


「まだ早い。」と言われるかとドキドキで…(°_°)


でも、師匠は笑って「頑張んなさい。」と、許して下さいました。


そして、「習いたい人には色んな人がいるから。」と。


その意味は、プロとして舞台にバリバリ出て活躍している師匠に習いたいという人、そうかといえば、派手に活躍していない師匠であっても、自分がコツコツ習いに行ける師匠につきたい人…師匠も習う人も様々だから、ということ。


未熟さ全開で、時には恥もかきながら今なお続けている私ですが、小さいながらも主人やお囃子社中さんのご協力もあってお浚い会が出来るようになり、今ではお浚い会に出る孫弟子達を見て、師匠が笑って「ほんっとに可愛いお弟子さん達だから。」とまで言って下さるようになりました。


でも、長唄のお稽古は一般の方にとって人生に絶対不可欠なことではないので、お弟子さんは減ったり増えたり。


趣味の習い事にはそれは当然のことだと思っています。


私は自分が伝えられる範囲のお三味線の技術をお伝えしているだけ。


でもね、私が何かしら仕事に伺うと、それを喜んでくれるお弟子さんがいるので、頑張らなきゃ、と思うのです。


社会で働くお弟子さんには巷のことを教えてもらい、人生の先輩にも様々なことを学ばせて頂いたり…と、お稽古場には長唄を通じて笑顔あり涙ありです。


師弟関係は人と人の繋がり。


難しいことも多い特殊な関係ですが、他人様でも師弟関係の温かな話を聞くと本当に嬉しいです。


今日は寒波で空気は冷え切ってますが、心は少しホッコリしました。


人生、こんな日ばっかりだったら幸せなのになぁ😊


#嬉しいメッセージに感謝
#感謝の気持ちが伝わると心が暖かくなる
#寒いも暑いも人次第
こんばんは♫

お久しぶりの夜和歌美です。


大変だった今年もいよいよ12月に入りました。


皆様はいかがお過ごしでしょうか?


昨年の同じ頃にはまさか世界がこんな状況になるとは思いもよらず…私は目前に控えた長唄演奏会と、年明けの公演準備に追われておりました。


今は毎日マスクをしてアルコール消毒の日々…人生は本当に無常なのですね。


何だか不思議な気さえしています。


さて、文楽は明日3日に東京公演の初日を迎えられます。


歌舞伎座は既に初日を迎えられ、南座の顔見世は5日が初日。


関係者の方々がコロナ対策に懸命に取り組んでおられる様子を伺い…本当に神経をすり減らしておられることで…とにかく何事も起こらず無事に過ごして頂きたいと願うばかりです。


何もできず、ただ、祈ったり、観に行ったり、公演のご紹介しか出来ない私ですが…。


各公演のことを考えていて、ふと…昔のことを思い出しました。


今よりも若い頃、とても楽しみにしていた、あるコンサートがありました。


好きな指揮者さんが振られるオーケストラの演奏会。


子育ての合間ということもあり、とてもとても楽しみで…


ところが、当日になって指揮者が体調不良のため代演になることを知りました。


代演で聴くか、それとも払い戻ししてもらって諦めるか…選択はふたつ。


私は会場まで行って悩んだ挙句…払い戻ししてもらうことにしました。


休演された指揮者さんが好きだったので…。


でも…すぐに後悔し始めました。


今でも思います。


なんであの時、聴かなかったんだろう…。


今、コロナ禍で公演関係の人が大変な思いをしながら幕を開けています。


すでに代演も決まっている公演もあり、これから先も代演の入る可能性は低いとは言えない。


もし、自分が行く日になったとしても、今度は払い戻しはしないつもりでいます。


きっと、舞台に乗られる方々は、より良い舞台にしたい、と思うはずだから…。


代演の人はものすごいプレッシャーの中で戦われ、そして共演の方は一生懸命応援しながら演じられると思うから…。


皆んなで助け合って、頑張ってこの苦境を乗り切ろう!


私が聴かなかったコンサートの感想にはそんな思いが溢れていました。


NHKの朝ドラ「エール」に出演しておられた、あるミュージカル俳優さんは、まだ名前が出ていない頃に突然の代役が訪れ、持っている力を発揮し、「あれは誰だ⁉️」と注目を浴びたそうです。


人生という長いようで短い時間には、本当に何が待っているかわからない。


頑張って…とにかくご無事で…と、祈りつつ…。


どうぞ皆様にとって良い師走になりますように。


和歌美もまた元気に演奏会が出来るように頑張りまーす💪✨


お芝居観に行くぞ~♫

 | ホーム |