FC2ブログ

プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪


出演情報

instagramライブ配信
「古典芸能の沼へようこそ」
長唄や古典芸能のお話を演奏を交えながらお届けしています♪
よろしければご視聴下さい。
インスタライブ配信用アカウント

wakami_nagauta

instagramやっています♪
imahujiwakami

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


『喜三の庭』

【長唄夜話その30】

長唄夜話…どれくらい進んだのかわからなくなりました( ̄▽ ̄;)


さて。


久しぶりの長唄夜話ですが…


読み返してみるといつもそんな大したこと書いてないなぁと思います。


お読み頂く方にはすみませんm(_ _)m💦


でも、「今日はこんな曲にこんなことを感じた。」ていうのを記しておこうかと…そんな感じです。


近々、『喜三の庭』という曲を弾かせて頂く予定です。


きみのにわ、と読みます。


この曲、前半はとても厳かな雰囲気、そして後半は柔らかくも粋な雰囲気で、とても素敵です🥰


調べてみましたら、なんと、前半と後半の作曲者が違うと言われています。


真実か否かは、その時代に行ってみないとわからないですね。


私は、こういうのは「絶対!」て思わないようにしています。


「こうだったのかもなぁ~♫」「でも
もしかしたらこうかもしれない。」と思ったりすることで楽しみを感じます。


前半の品格ある厳かな雰囲気も好きですが、後半の柔らかな粋さがなんとも言えません。


廓の秋を表されているのですが、特に、この後半に演奏される本手と替手の妙味💕


「粋」という言葉には実に様々な趣があるなぁと思います😊


この『喜三の庭』の後半の作曲は『正治郎連獅子』を作った三代目杵屋正治郎とのことで、「正連」と同じく華やかさと柔らかさを感じます😊


本手だけの演奏でなく、替手が入ってて抜群に素敵💕✨


そういう曲の一つだと思う『喜三の庭』🥰


私は本手を弾かせて頂きます😊


『喜三の庭』後半より抜粋


「尋ね廓の通ひ路に 七百年も昨日今日 菊の着せ綿うちかけに 桔梗苅萱女郎花
店清掻の 音につれて 色香争ふ出立栄 萩の錦か含める露の 玉揃ひ
末はまがきにせかれても 格子を覗く月影に 招く尾花の 忍び音は 実に面白き仙境なり 」


機会があれば素敵な長唄の秋の音色を是非お聴き下さい🥰


#秋の夜長に長唄
#伝統芸能
#長唄夜話
#三味線
#長唄
【長唄夜話 29】

こんばんは。


今日はきゅうりの古漬けとイカ明太で賀茂鶴の純米酒を楽しんでみました。


日本酒、ワイン、焼酎、ビール、ウィスキー、バーボン、ウォッカ、etc‥


ひと口にお酒といっても楽しみ方は様々ですね。


長唄も実に楽しみ方が様々で、これは長唄特有のものではないのかなぁといつも思います。


例えば舞踊の為に作られた「汐汲」や「京鹿子娘道成寺」などは、やはり舞踊がある方がより美しく映えて聞こえるような気がしますし、一つの曲として「紀州道成寺」や「勝三郎連獅子」「三曲糸の調」などという曲は、構成、流れがとても良くて、素演奏でグイグイとその中に引き込まれていく気がします。


「秋の色種」のように素演奏も踊りも良いなぁ💕という曲もありで‥。


でも、中には「鷺娘」や「勧進帳」「鏡獅子」のように、舞踊としても演奏だけを楽しむのも、どちらもに対応している曲も少なくないです。


インスタライブでもお話させて頂いたのですが、「連獅子」のように男性的で勇壮でダイナミックな曲、「都鳥」のようにしっとりとした「唄と三味線」を味わう大人の曲など‥実に彩りがあります。


長唄というだけあって、長唄の風情には「唄」の存在も大きいです。


あ‥


「長唄」なので、もちろん「唄ありき」なのですが、私は主に三味線方なので、ついこういう表現の仕方になってしまいます‥すみません💦


三味線の「音色」。


「ねいろ」?


それとも


「おんしょく」と読みますか?


日本語も様々ですね。


日本人の感性は本当に奥深い‥と、思います。


私など自分の人生1度では足りないな。


もっと若いうちに勉強しとけば良かった。


知識、教養は人生を豊かにすると思います。


頭でっかちはダメですけどね。


生まれ変わっても長唄を聴ける場所にいたい。


今のところ‥ですが(笑


今日で8月のお稽古が終わりました。


私は「葉月」という言葉が好きです。


日本語はきれいですね😊


長唄には美しい日本語が沢山使われています。


またおいおいご紹介していけたらいいなと思います(^^)


さて、明日はお休み。


良い日になりますように。


お読み頂きありがとうございました😊
【長唄夜話28】

またもや夜深くにこんばんは。

眠れない貴方に‥

なんつって‥

いつも遅くにお邪魔してすみません😅

今回の夜話は、『長唄夜話』なのか『古典芸能の沼』なのか‥はて、どちら?と、迷いましたが、とりあえず長唄のお話なので『長唄夜話』にさせて頂きました。

「長唄」という三味線音楽は、ひと言で片付けられない音楽でして‥

と、言いますのも、演奏のシチュエーションが実に幅広いんです。

どんなシチュエーションがあるかと申しますと‥

こんな感じ↓

•唄と三味線で演奏される「長唄」の演奏のみをお聴き頂く素演奏。
  ↑
素演奏にも、お囃子なしの場合とお囃子入りの場合があります。

•日舞の音楽として演奏される「長唄」

•歌舞伎など舞台芸術に使われる「長唄」

•落語の中に使われる「長唄」

•お座敷などで弾き唄いされる「長唄」

主にはこんなところでしょうか?

もっとあるかも。

演奏の形態が実に多様なんです。

そう‥

乗り物のスピードに例えるならば‥

道路状況に合わせて、時速20Km~100Kmで自在に車を操れて運転できなければいけない‥

道も、抜け道も大通りも様々知っていて、その時々によって走る道を変える‥

そんな感じでしょうか。

細い道も高速道路も思いのまま。

特に舞台演奏の多い男性プロの場合は、流派ごとに手も違います。

手が違うというのは、同じ曲でも「旋律に使われている音が違う」ということです。

例えば、ソ(G)の音とソ♯(G♯)だと印象が変っちゃいますよね。

メロディーが変わっちゃう😅

クラシックではあり得ないと思いますが、長唄には普通にありありなのです。

弾き込んで覚えてきた指使いを変えるのは大変です😣

それを、しれ‥っと、素知らぬ顔して舞台で演奏されている長唄ご連中。

色々と隠し技はあるようですが、ほんとに尊敬します✨

(私もたま~にですが、ご一緒させて頂く時があると、しれ‥っと頑張ってます)

作者が作った曲なのに、メロディーが変わるって‥どうよ‥って思いませんか?(笑

古典芸能って、実は「自由」だー。

‥です。

そして、その「自由」なところに「難しさ」が潜んでいます。

私はよく知らないので恐縮ですが、例えばバレエの場合。

踊り手に合わせて音楽の緩急は変わるのでしょうか?

日本の音楽は変わることが多いです。

これは、踊り手さんが体現される姿が視覚的要素となって音楽と一体化しますので、音符と音符の間に多少の時間がかかっても美しい舞台芸術として成り立つ‥そう思います。

でも、踊りがなく、素演奏では‥視覚的要素がなくなりますので、踊りの時と同じ演奏をしていては間延びして聞こえてしまうのだと感じます。

有名なところでは、連獅子、道成寺、藤娘、鏡獅子、供奴、鷺娘などは顕著に感じられるでしょうか‥。

藤娘は素演奏で演奏される機会は少ないですが、連獅子、鏡獅子、供奴、鷺娘などは、演奏曲としても良くできていて(え~たいそう偉そうなこと言ってますが)素演奏としても演奏される機会が多いです。

•落語の出囃子や噺の途中に長唄が使われているとワクワクします。

•歌舞伎の舞台で御簾内から聞こえる長唄にウキッ♫とします。

•歌舞伎の所作もので、長唄ご連中がズラっと並ばれているのを見るとドキドキワクワクします。

•お座敷では芸妓さんの弾き唄いと舞にうっとりします。

•素演奏を聞くと‥帰ってすぐにお三味線が弾きたくなります(笑

長唄はホントに幅広い、と、感じます‥。

長唄が自由で飽きなくて(苦しい思いをしつつも)楽しめるのは、こういう様々な形態を味わえるから‥

そんな気がしています。

既に私の世代では長唄を聞いたことのない人がほとんどです。

沢山の方に、もっとたくさんの長唄の存在を知って頂きたいです。

‥ので

諦めませんw

押してダメなら引いてみな
   ↑
  意味不明

ここまでお読み頂いた皆様

長々とありがとうございました😊✨

#長唄
#三味線
#古典芸能を楽しもう
#古典芸能を難しいと思わさないで
#三味線音楽
#和文化を楽しもう
#和の音を失くさない
#自然素材の楽器の音色で脳からアルファ波

 | ホーム |