FC2ブログ

プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

『今藤佐志郎 ゆかた会』
2018年8月26日ギオンコーナー

『和香海会 長唄浴衣会』
2018年 9月2日(日)大阪西天満「芝苑」

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


先日、国立文楽劇場で若柳流さんの舞踊会を拝見して、その後、お弟子Oさんと月亭文都さんの独演会へ♫ 








お弟子さんの秀都さん、天使さんも回を重ねるごとに面白く、文都師匠はさすがで、笑わせて頂きました♫

 中入り後のお囃子コーナーでは出囃子や、はめモノのお話と実演を拝見できて、とても楽しく、「雪音」のクイズの時は思わず手をあげようかと思いましたが、関係者は不可とのことで(当然❗️😆)諦めました(笑 

終演後、Oさんとちょっとだけ美味しいもの💕 

『福』さんというお店に連れて頂きました♫
 
 美味しく楽しいお話で盛り上がり、あっという間の時間でした(^^) 

お酒🍶1合程度で気分良くなれる安上がりな私です(笑 









大好きな長唄を聴けて、美しい舞台を観て、落語で笑って、良いお弟子と美味しいお食事に美味しいお酒。 


こんな贅沢な秋日和はないなぁ😊と感謝して帰路に着いたのでした。



獺祭ちびちび頂きながら‥ 

昨日は久しぶりにゆったり長唄の時間。 

伊十郎全集の「二人椀久」のお三味線は先代のうちのお家元。
 

おぉっ! 
いきなりのトップギア? 

と、思うけど、途中で安定期に入り落ち着く。 

スタンダード過ぎず、嫌味なく‥聴き終わってみると、やっぱり芸が大きくて‥やっぱり先代の芸はすごいなぁと思います。

長唄の良いところは演奏者によって曲の色付けが変わるところなのかな。 

でもこれはクラシックでも同じことで、指揮者によって曲のイメージは変わるし、音楽に共通してることなんだろうな。

最近、改めて「えぇ曲なのね✨」と思うのが、この二人椀久と越後獅子です。 

え?今さら? 

すいません(^_^;) 

良いお唄で聴いた二人椀久。 

自分が唄方で聴いた越後獅子。 

です。 

立ち位置が変わるとこんなにも受ける印象が違うんだなぁと思いました。 

あ、お囃子のおさらえ会に出た時に思ったのは「俄獅子」ですけども。
 ↑ 
背中から聞こえるお声とお三味線の音に「ひゃあ✨えぇお声にえぇ音💓」と、思ってたら太鼓間違って、マンさんから大目玉でした。

二人椀久は‥

この人は天才かな‥

と、思ってたら、先日そのように仰る方があり‥やっぱりそうか~と。 

「筒井筒」のくだりは若い時には「来なかった」ものが、今は深く届く気がしてます。

「筒井筒」を入れ込んだ作曲者はすごいですね。

色んな好きな曲を聴いて、この曲をあの方のお唄で‥この方の三味線で‥上調子で‥

そんなことを考えてるのは至福の時です。 

私が大富豪だったら長唄会や古典芸能鑑賞会ばっかり主催してるかも。 

あ、芸はあくまで「好み」です。

viva 長唄✨
今年の七月大歌舞伎は

二代目松本白鵬
十代目松本幸四郎

ご襲名公演おめでとうございます㊗️✨



昼の部を拝見しました♫


勧進帳の幕見席は完売!



「廓三番叟」も「勧進帳」も長唄です❤️


『勧進帳』は5月のリサイタルで弾かせて頂きました。


お芝居好きのお客様にはお芝居の『勧進帳』と、演奏だけの『勧進帳』の聴き比べをして頂けたようで、沢山の方からそれぞれについての感想を頂きました。


形としては非常に思い切ったニ挺ニ枚の演奏でしたが、お話を色々と伺ったことで、思いの外「音曲」としての勧進帳の流れを感じて頂けたのかな‥という気がしております。


何せ、強力な演奏者の方にご一緒頂いたので‥😅


いつかお囃子入りで、がっつりの勧進帳をお届けできる日が来れば‥と夢見ています😊✨


さて、話は松竹座に戻りますが‥。


舞台左手(下手)の御簾から聞こえるお三味線の音にも知った曲のフレーズ♫


河内山では「秋の色種」が使われていました。


私は女なので、詳しくありませんが、またお詳しい男性プロの方にお話を伺ってみたいと思います(^^)


長唄は歌舞伎音楽として発展して来ました。


なので、長唄のお稽古していると歌舞伎鑑賞の楽しみが倍増します💕✨


どの演目も歌舞伎ならでは✨


ダイナミック、デフォルメの様式美❤️


贅沢な舞台に満腹です❤️

「104歳の‥」

104歳の御年でありながら、とてもダイナミックなお三味線を弾かれている杵屋響泉師の動画に驚愕した後、師のお話を掲載されているサイトを教えて頂きました。






ご興味のある方はこちら↓よりご覧頂けます。
技人vol.9【長唄三味線方】杵屋響泉

~文中より~

 「続けてやっていただきたいと思いますね。若い人が減って、時代がどう変わっていくか分かりませんけれど、長唄だけはどうかなくさないように続けてもらいたいと思います。時代の変化は感じております。お客様によってはもっと分かりやすく変えていかなくちゃいけないんでしょうけれど、曲への自分の想(おも)いは出したいと思いますね。長唄を知らないかたが聴いてくださった時、曲の内容が分からなくても「胸にズンときたんだけどこれは何だろうな」って、何か響いてくれるものがあればそれでいいなって思ってますの。」




師のお話の中には、自分が目指したい沢山の言葉が明確に記されています。


今や女流の長唄三味線方は絶滅危惧種と言われ‥自分自身もその危機感に苛まれるこの頃‥「今の芸能」としての長唄に対しても、少し落ち込むことがありました。


師の動画とお話にガツン‥と、頭をやられたような‥


女流の三味線弾きにとって、大切なものがいっぱい詰まったお話だと思います。


少し元気出ました(^-^)

「蛍の位置」

上村松園の絵 その3 を‥長々とすいません(^_^;)


松園さんの絵には蛍が描かれている作品が数点あります。

「初夏の夕」


「新蛍」


「蛍」



先頃、あるギャラリーのマダムとお話する機会があり、少し上村松園さんのことについてお話を伺うことが出来ました。

「あの方ほど厳しい画家さんはいないです。」と仰るマダム。

自分の絵に対して厳しい。

あ、そうか。

そういうことか。

また腑に落ちた。


絵に詳しい方とお話が出来る機会だったので、思い切って私が常々思っていたことを少しお話してみました。


「松園さんの絵には蛍の絵が何点かあるんですけども、見れば見るほど、その蛍の位置が1mmでも違っていたら、その絵は完成形にならないのではないかと思いまして‥凄いなぁと見惚れてしまうんです。」


(まぁ、どのような絵であっても、結局はそういうことなのでしょうけども‥とにかく私には松園さんの蛍の位置(蛍だけではないけど)が今時に言うと「神の位置」くらいに思えてため息が出るんです。)


すると、マダムはやや興奮気味に「そうなんです❗️ホントにそうなんですよ❗️」と、お返事が返ってきたもので、そこからかなり松園さんにまつわるお話で盛り上がってしまいました。


松園さんの絵における「蛍の位置」。


ふと、それは長唄にも在るものだな‥と。


長唄というのは、とても面白味があるけれども、それだけにとても難しい三味線音楽で、三味線の旋律で音楽が流れていくところ、唄を受けて弾くところ、唄だけで音楽を作っていくところ、お囃子が入るところ‥それぞれの曲の中、また、それぞれの曲に実に様々な趣向があり‥それを如何に上手に表現するか‥。


長唄における「蛍の位置」。


それは絶妙の「間(ま)」とか、煌めくような「音」なのかもしれないな、と思います。


調子(糸の音程)や勘所(押さえる場所)の音程の良さはもちろん必要ですが、それらは最低限出来なければならないことであって、「蛍の位置」ではないと思うので‥。

最低限のそれさえも私はまだまだ未熟なのですが‥



最近、良い音源で「あ、ここ素晴らしいなぁ✨」と思える「間」や「音」を聴くと、「蛍の位置‥」を思い浮かべるようになりました。


そして自身の演奏会後‥録音を聴き返して思う。


私の「蛍の位置」はまだまだ甘い(ー ー;)


演奏会に来て下さる沢山のお客様‥中には東京や名古屋からの方もおいでで‥


聴いて下さるお客様に「良い長唄を聴いた。」と思って頂けるよう、もっと研鑽を積まねば‥と、思うのです。


芸って‥楽しいけど‥ほんと難しい。


昨夜は先輩方が弾いておられる録音を聴いて、「素晴らしいなぁ✨」と、感動していました。


私はまだまだやなぁ‥と、また凹むけども‥


様々目標にして頑張ることもまた楽し。


満足できる「蛍の位置」‥


目指してがんばります。


長々とした独り言‥

ここまで読んで下さった方‥ありがとうございました😊

 | ホーム |  前のページ»»