FC2ブログ

プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

『今藤佐志郎 ゆかた会』
2018年8月26日ギオンコーナー

『和香海会 長唄浴衣会』
2018年 9月2日(日)大阪西天満「芝苑」

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


先日、舞踊会にて、常磐津 『寿』という演目を初めて拝見させて頂きました✨

この曲は、お囃子の作調が二代目望月太明藏(お囃子マンこと太明十郎の父)とのことで、常磐津には珍しくお囃子が出囃子でした。

*ちなみに、曲を作るのは作曲ですが、曲に合わせてお囃子の手を作るのは作調(さくちょう)というそうです♫
お囃子さんと結婚して知りました。

『寿』という名の通り、おめでたく、明るく、少し長唄の雰囲気もあるかしら…?と感じて拝見しておりました✨

途中、扇を小鼓に見立てて息を吹きかけたり、打つ振りがあったり…楽しい😊✨

私個人としては、今は亡き二代目の作調されたお囃子を拝聴させて頂ける機会に…感謝のひと時でした✨

やっぱり舞踊会も邦楽会もいいですね😊



#常磐津 #長唄 #三味線音楽は色々あって楽しい #古典芸能 #伝統芸能
今日は寒かったですね!

小雨降る中を京都芸術センターへ♫
 

中村壱太郎さんご出演の素踊りの舞踊二題とレクチャーの催しでした。


舞踊演目は長唄『藤船頌(とうせんしょう)』と『島の千歳』

『藤船頌』は今藤流にゆかりのある曲です(^^) 

最近、聴く機会がなかったように思うので、久しぶりに聞けて嬉しかったです♫ 

中村壱太郎さん、踊りもレクチャーもお上手で楽しい催しでした✨ 

終演後、思わぬことが…。 

会場のドアの外で「あっ!この前、イシハラホールの…」とお声をかけて下さる女性が😳

 壱太郎さんのファンの方のようで、公演も演奏もトークも大変好感触のお声を頂きました。

突然のことで…思わぬところで思わぬご褒美を頂いた気がして…すごく嬉しかったです😊✨ 

(壱太郎さんのトークのお邪魔になってなかったようでホッとしました💧)

 今日もカッコよくて魅力的な日本の伝統芸能を楽しませて頂きました✨

 もっともっと古典芸能の会が増えますように❤️
初芝居を観に松竹座へ♫


*松竹座 成駒屋さんの受付にて1/27公演のチラシを置いて頂いてました😊✨

お陰様でお席が埋まって来ております😊

今回は安積 美香さんの「ときめき☆歌舞伎」、久しぶり参加させて頂きました♫

山城屋さんの米寿を寿ぐ公演とのことで、特に三代お揃いでの舞踊「寿栄藤末廣(さかえことほぐふじのすえひろ)」は長唄の「鶴亀」ということもあり、お正月と相まって大変おめでたい雰囲気一杯で、私もとても幸せな気分になりました😊

「土屋主税」も「河庄」も泣いてしまった。

「土屋主税」ええ人や😭

小春‥健気です😢

立場的に言うと、私は奥さんの方なんですけども‥複雑w

それぞれ、人間関係における「情」を感じました😢

超ざっくりですいません

1/27には図らずも中村壱太郎丈とご一緒の公演に出させて頂くという、身に余り過ぎる光栄に‥お舞台を拝見し、お打合せが進むにつれ、さらに緊張感も高まっている次第です。

1月に入り、着々と準備が進んでいることもあり、休憩時間には公演関係の電話や、お打合せにあわあわと走りながらでしたが、お芝居の時間はそれぞれ堪能させて頂きました😊✨

終演後は丹青堂さんで諸々必要なものを揃え、帰路に。

帰宅後は、#虎屋吉末 さんが、注文していたお年賀を届けて下さいました(^^)

いつも色々ご丁寧に対応して下さり感謝しております✨

その後、ちょっとおさらいして、すぐにお囃子マン帰宅。

今月の文楽の終演は夜8時過ぎです。

いつもより少し帰宅が早いです。

松竹座ではロビーに飾られたお写真を見て、「扇雀はかいらし(可愛らし)かってんで~💕」と、若かりし頃の坂田藤十郎丈のことを話す亡母を思い出していました。






今月末の公演のこと‥両親が生きていたら、あらゆる意味で驚きながらも大喜びしたことでしょう。

「しっかりやりや(^^)!」と言う声が聞こえるような気がします。

2019年、私の初芝居💖

とても楽しい時間でした。

ご一緒頂いた皆様に感謝✨

先日、国立文楽劇場で若柳流さんの舞踊会を拝見して、その後、お弟子Oさんと月亭文都さんの独演会へ♫ 








お弟子さんの秀都さん、天使さんも回を重ねるごとに面白く、文都師匠はさすがで、笑わせて頂きました♫

 中入り後のお囃子コーナーでは出囃子や、はめモノのお話と実演を拝見できて、とても楽しく、「雪音」のクイズの時は思わず手をあげようかと思いましたが、関係者は不可とのことで(当然❗️😆)諦めました(笑 

終演後、Oさんとちょっとだけ美味しいもの💕 

『福』さんというお店に連れて頂きました♫
 
 美味しく楽しいお話で盛り上がり、あっという間の時間でした(^^) 

お酒🍶1合程度で気分良くなれる安上がりな私です(笑 









大好きな長唄を聴けて、美しい舞台を観て、落語で笑って、良いお弟子と美味しいお食事に美味しいお酒。 


こんな贅沢な秋日和はないなぁ😊と感謝して帰路に着いたのでした。



獺祭ちびちび頂きながら‥ 

昨日は久しぶりにゆったり長唄の時間。 

伊十郎全集の「二人椀久」のお三味線は先代のうちのお家元。
 

おぉっ! 
いきなりのトップギア? 

と、思うけど、途中で安定期に入り落ち着く。 

スタンダード過ぎず、嫌味なく‥聴き終わってみると、やっぱり芸が大きくて‥やっぱり先代の芸はすごいなぁと思います。

長唄の良いところは演奏者によって曲の色付けが変わるところなのかな。 

でもこれはクラシックでも同じことで、指揮者によって曲のイメージは変わるし、音楽に共通してることなんだろうな。

最近、改めて「えぇ曲なのね✨」と思うのが、この二人椀久と越後獅子です。 

え?今さら? 

すいません(^_^;) 

良いお唄で聴いた二人椀久。 

自分が唄方で聴いた越後獅子。 

です。 

立ち位置が変わるとこんなにも受ける印象が違うんだなぁと思いました。 

あ、お囃子のおさらえ会に出た時に思ったのは「俄獅子」ですけども。
 ↑ 
背中から聞こえるお声とお三味線の音に「ひゃあ✨えぇお声にえぇ音💓」と、思ってたら太鼓間違って、マンさんから大目玉でした。

二人椀久は‥

この人は天才かな‥

と、思ってたら、先日そのように仰る方があり‥やっぱりそうか~と。 

「筒井筒」のくだりは若い時には「来なかった」ものが、今は深く届く気がしてます。

「筒井筒」を入れ込んだ作曲者はすごいですね。

色んな好きな曲を聴いて、この曲をあの方のお唄で‥この方の三味線で‥上調子で‥

そんなことを考えてるのは至福の時です。 

私が大富豪だったら長唄会や古典芸能鑑賞会ばっかり主催してるかも。 

あ、芸はあくまで「好み」です。

viva 長唄✨

 | ホーム |  前のページ»»