FC2ブログ

プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

『第5回 青幸会』
2019年11月9日ラ・フェット・ヒラマツ

長唄自主公演『三橙會』
2019年12月15日(日)兵庫 西宮能楽堂

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


今回は観たり聞いたり‥ではなく、本を読んで、ということですが‥


読んでいる本の中の情景に、今の自分にも同じように聞こえて来る声を聞くのが、不思議な感じがして面白いです😊

 
江戸時代のお話なのに‥

「今月の○○座は、よぅ入ってるらしい。」

「今年のお正月は○○○より○○の方が入りが良かった。」

「今度のは仕掛けが面白いらしいで。」

何百年も経つのに‥今も同じような言葉が聞こえて来る。

不思議で面白い世界やなぁ思います😊

そういえば‥

お囃子マンの祖母は芝居茶屋の看板娘やったらしいです。

初代太明藏であるおじいちゃんが、「この人やったら鼓打ちとしての自分を支えてくれる。」と、思い、日参したそうです。

そして、実際にお祖母様は生涯初代を支えられ、なんと初代は1週間も続く還暦記念の会をされた、と聞いています。



写真はその時のもの。

そして、私が幼い頃から「おおにしのおばちゃん」と呼んでいた、私の母方の祖母の長姉がいるのですが‥。

「おおにしのおばちゃん」は、なんと初代太明藏さんとはお茶飲み友達だった‥と、ずいぶん後から知ることになり‥全く人生には、自分の知らぬところでどんな繋がりがあるのか、と驚くばかり。

芸事が大好きだったという「おおにしのおばちゃん」。

なるほどです😅

さて、60代後半で惜しくも鬼籍の人となった初代ですが‥

溝口健二監督の映画の音楽も担当し、映画の中に生きています。

鼓が大好きで大好きで‥

「渦」の近松半二とは、時代も生業も違えども、好きなものに身を投じた人の人生‥どんなものだったんだろう。

亡くなった義母は初代にそっくりで、まるで生きておられるかのように沢山の初代のお話を聞きました。

そして義母は娘でしたが、私の母は初代の舞台を見ていた人でした。

「みさをちゃん(←母の名前)、今月、ためぞうはん出てはんで。みにいこか(^^)」

と、曽祖母が母を誘って、二人で見に行っていたらしいです。


母の話ぶりからして、さぞ楽しい時間だったのだろう、と‥。

私も連れ立って一緒に行きたかったな😊

何百年も続く文化、伝統芸能があるということ‥これは世界から見ても素晴らしいことだそうです。

守りつつ進化しつつ新しい世代へ‥

続いて欲しいと切に思います。

微力ながらも‥がんばらねば💪

(写真は個人所有なので無断転載はお控え頂けると助かりますm(_ _)m)
【アイドル💕】

長唄『京鹿子娘道成寺』には“鞠唄(まりうた)”と呼ばれる部分があり、そこには「タマ」と言うお三味線の聞かせどころがあります。
(舞踊の時は、花子が花びらを集めて鞠にする所作があるところ)

唄の合間に三種類ほどの旋律を弾きます。

タマを入れない時もありますが、お三味線を弾く練習になるので、お稽古の時には入れるようにしています(^^)

で。

今はMちゃんがチャレンジ中。

彼女が捉えた「タマ」の感想は…

「先生♫ なんだかめっちゃオシャレです✨」

そう。

道成寺のタマはお洒落✨

だって、白拍子花子はイマドキの超可愛いアイドル…(のハズw)

花子が道成寺に現れた時、お坊さん達が「いやいや、きれいな白拍子が来ましたよー💕」とか、ワヤワヤ言ってますもんね。

和歌美的現代超訳では「いゃ~✨超可愛い子が来たっす❣️めっちゃ顔ちっさいし~😍💕」なんてところでしょうか。  
    ↑
お坊さんなので、こんなに言葉使いは悪くないかもw

そんなアイドル花子が楽しそうに踊る場面。

そう。白拍子は当時のアイドル💕

可愛くて歌って踊れる。

“Perfume”みたい?😍

「なぁ~るほど~‼️それはオシャレじゃなきゃダメですよね‼️ 鈍臭く弾いたら全然あきませんよね😅」と、Mちゃん。

ですね😆✨

がんばれお稽古女子❤️

私もオサレに弾けるよう頑張りまーす💪✨

先日の公演で受付に立ちました。

JDには「ママが受付にいるのが違和感あって仕方ない。」と言われ…
     ↑
自主公演では受付を任せて控え室にいるので


受付を手伝ってくれたお弟子さんには「先生が紋付じゃないのを初めて見た気がします。」と…なるほど🙄💦


やがて開場し、多勢の方が会場内に入って行かれました。


お一人で…或いはお連れ様と、とてもワクワクとした面持ちで…


その様子を見て、改めて気付いたことがありました。


お客様はこんなにワクワクとした明るいお顔で会場に足を運んで下さる。


(ぃえ、自分も何かしら公演へはよく行くので、同じだと思うのですけども…💧)


「そうやで、ママ。特にママの会の時は自由席やから、めっちゃ早くから並んではって…すごいねんで。」


…いつも受付にいるJDに言われました😓


お客様が客席に座って下さってるのはわかっている…


そのつもりで心を決めて舞台に出ていくのですけども…

ジッと座って待って下さるお客様の姿と、ワクワクしながら歩いて行かれるお客様の姿…その心の中は同じかもしれないけど…

もし、自分の公演の時、受付に立っていたら…ものすごいプレッシャーで弾けなくなるかも…と、ロビーにおられるお客様の姿を映像のように捉えながら、そのように感じた自分がいました。

大袈裟なようですが…舞台に上がるものは足を運んで下さるお客様の気持ちに精一杯の誠意を込めて応えなければ…と、改めて思った次第です。

当たり前のことなんですけどね😓

技術的なことは、果たしてどこまで満足して頂けるところまで行けるかわかりませんが…

気持ちを新たに頑張りたいと思います。

色々と経験させて頂くことが、また前進への一歩となる。

そんなことを思った今日この頃です。

写真は内容とは関係なく、美味しかった「洋梨のカクテル」😅





『文楽の魅力』
ワキタコルディアホール
(主催:株式会社ワキタ)
2020年2月1日(土)



早々に補助席も完売という満場のお客様に恵まれ、無事に終演を迎えることが出来ました。
(キャンセル待ちのままお越しになれなかった方々には申し訳ありません😞)

これもひとえにご出演頂いた皆様と支えて下さったスタッフの方々のおかげです。
心より感謝申し上げます。

また写真が届きましたら、諸々お伝えさせて頂きたいと思います(^^)

今公演を主催して下さった株式会社ワキタ様、そして携わって下さった全ての皆様に、まずは御礼まで…。




ありがとうございました❗️m(_ _)m✨

今藤和歌美

令和2年になり、はや13日が経ちました。

大変遅くなりましたが…

明けましておめでとうございます⛩🎍㊗️


昨年は貴重な経験を沢山させて頂きました✨

今年もボチボチと頑張って参ろうと思っております😊


ウキウキと弾む時あり、ドドンと落ち込む時あり。

いつもそんな私ですが…

本年も何卒宜しくお願い申し上げます🙏

今藤和歌美



 | ホーム |  前のページ»»