FC2ブログ

プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

『今藤佐志郎 ゆかた会』
2018年8月26日ギオンコーナー

『和香海会 長唄浴衣会』
2018年 9月2日(日)大阪西天満「芝苑」

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


同業或いは異業種の‥

いろんな方とお話しさせて頂き、それぞれの「才能」に触れさせて頂く。

私がやっていることは「古典」ですけれども、古典は決して、その場所で留まっているものではなく、基本がありながら進化しているもの‥なのだと思います。



芸術は~


なんていう話はしない。

でも、あれが好き、これが好き‥っていう話から、自分の好きなお花のタネが自分の中に植え付けられて行きます。

中には自分が名前すら知らないお花のタネもある。

そのタネをどのように咲かせるかは自分次第なのかな~。


私は研究者ではない‥


花がどのように咲くのかは、時が経ってからしかわからない。


不器用ですけども‥まだまだ勉強が必要ですけども、それでもやっぱり「芸」が好きなので、しっかり向き合って行きたいと思います。

自分に与えられた時間が「実のなる時間」となるように‥。


お三味線を弾くに必要なのは「調子」と「勘所」の確かさ‥そして素直さと柔軟さ‥。

そんなことを実感している今日この頃です。

何はともあれ‥

(酔っ払いですみません)

BAR高橋様❗️

7周年記念おめでとうございます❗️

来年は末広狩♫

太郎冠者~あるかぁ~♫笑
獺祭ちびちび頂きながら‥ 

昨日は久しぶりにゆったり長唄の時間。 

伊十郎全集の「二人椀久」のお三味線は先代のうちのお家元。
 

おぉっ! 
いきなりのトップギア? 

と、思うけど、途中で安定期に入り落ち着く。 

スタンダード過ぎず、嫌味なく‥聴き終わってみると、やっぱり芸が大きくて‥やっぱり先代の芸はすごいなぁと思います。

長唄の良いところは演奏者によって曲の色付けが変わるところなのかな。 

でもこれはクラシックでも同じことで、指揮者によって曲のイメージは変わるし、音楽に共通してることなんだろうな。

最近、改めて「えぇ曲なのね✨」と思うのが、この二人椀久と越後獅子です。 

え?今さら? 

すいません(^_^;) 

良いお唄で聴いた二人椀久。 

自分が唄方で聴いた越後獅子。 

です。 

立ち位置が変わるとこんなにも受ける印象が違うんだなぁと思いました。 

あ、お囃子のおさらえ会に出た時に思ったのは「俄獅子」ですけども。
 ↑ 
背中から聞こえるお声とお三味線の音に「ひゃあ✨えぇお声にえぇ音💓」と、思ってたら太鼓間違って、マンさんから大目玉でした。

二人椀久は‥

この人は天才かな‥

と、思ってたら、先日そのように仰る方があり‥やっぱりそうか~と。 

「筒井筒」のくだりは若い時には「来なかった」ものが、今は深く届く気がしてます。

「筒井筒」を入れ込んだ作曲者はすごいですね。

色んな好きな曲を聴いて、この曲をあの方のお唄で‥この方の三味線で‥上調子で‥

そんなことを考えてるのは至福の時です。 

私が大富豪だったら長唄会や古典芸能鑑賞会ばっかり主催してるかも。 

あ、芸はあくまで「好み」です。

viva 長唄✨
浴衣会が終わり、やっと「夢以上」に浸る時間が許され、少しばかり長唄三昧。

 いや‥

それまでも充分に長唄三昧なのだけど‥違う意味でw 

以下、独り言長いです。 

長唄の舞台ってほんとに奥が深いです。

 一人で演奏するものではないから‥。 

三味線方の場合、立ての役割、ワキの役割、上調子‥それぞれの役割がこなせて初めてプロと認められる。 

そんだけこなせるようになるには一体、何十年かかるのか💧 

 シビアっ😅 

私なんぞホントにまだまだひよっこです😓

 でも、最近、やっと師匠から聞いて来た「仕事」の話が少しわかるようになって来ました。 

三味線方として仕事をする時に直面すること。 

そんなことをお稽古の中のお話で聞かせて頂いてました。 

 「◯◯の会の時にね‥。」

などという師匠から何気なく聞いていたお話が、現場で役立つ。 

「立てが草履の後ろを踏まれるような弾き方を(ワキが)しちゃいけない。」 

「角角(かどかど)を逃げない人は安心して任せられる。」

 ↑
角角というのは、曲の間違えやすいところ 

「調子も勘所も、バチさばき、イキまでがピッタリと合ってるっていう人がいてね、それは凄かった。」

 そんなことを自分の身に置き換えて仕事をしなければ、と実感する今日この頃です。

 まだまだぜーんぜんクリア出来ませんけども😩 

そういえば、先日の浴衣会、演目の合間のお写真をお友達から頂きました(^^) 


糸の調整や、抜き差しの確認など、気は抜けません😓 

自分とこの浴衣会の一週間前は同門先輩の浴衣会でした。

 30番以上の会。 

自分とこはたかだか18番💦 

自分のやるべき仕事は何か。 

客観的に捉えて動かないと全ての人の段取りが狂います💧 

男性プロは日々、これの繰り返し。 

すごい(^_^;)

「とにかくしっかり準備して、あとは慣れることやな。みんな失敗しながらやって来るねん。」byお囃子マン 

女流(特に関西)は慣れる機会が少ない。

 ひとつこなすごとに自分の引き出しに貯めていく。 

 経験は何よりも大きい。 

そして、やっぱり大事なのは仕事や人に対する「誠意」や「心」と思う。 

浴衣会で演奏はしていませんが、まだ入門日数の浅いお弟子Hさんが話してくれました。

 「先生の浴衣会を成功させよう!とされるご賛助の先生方の温かな思いのようなものを感じました。」 

会って‥そういうのが現れます。 

特にお座敷会はお客様が近いので(^_^;) 

人と人で作る長唄会。 

あったかな方々に会を作って頂いて、しみじみ感謝してます☺️ 

ホントにありがとうございましたm(_ _)m 

でもって、会場の『芝苑」さんですが‥。

 長唄の演目だけなら山台だけで済むんですが、お囃子の演目があると長唄の前に座りますので場所が必要になります。 

今回、充分な毛氈を敷いて頂き、お客様も入って頂けるという立派なお部屋で助かりました。 


今の大阪で、なかなかこれだけのお部屋と設えをご用意して頂けるお料理屋さんは少ないので有難かったです。
【第五回 和香海会 長唄浴衣会】*打ち上げ編* 

 演奏の後は打ち上げ(^^)

 師匠に乾杯の音頭を取って頂きました♫



お料理の写真は撮る暇がなく‥😅 

 お食事がひと通り落ち着いたところで、撮影会とサイン会に😆 

皆、番組を持って続々と師匠方に並ぶ並ぶ(笑 

 

 うちの先生までサイン会(^_^;)
 

長三朗さんも大人気です(笑


 

なかなか無い風景で、楽しかったです(^^)♫

 ワイワイやっておりましたが、先生方から「お社中の皆さん、明るくて、そしてお行儀がいい」とお褒め頂きました。 

嬉しかったです😊✨  

今回、揃えた浴衣もなかなか好評で、お囃子マンのお弟子さん方も「次はお囃子の方も‥」なんて言って下さる方もあり、マンさんもまんざらでも無い感じに(笑 



今回は演奏しない人も、お揃い浴衣を着て楽しそうに会場で居てくれまして、嬉しいことやなぁと思いました😊✨ 

宴もたけなわの頃、長唄の先生方による素晴らしい芸もご披露頂きまして、打ち上げは中締めに♫

 二次会は希望者で福島の The bar hanaへ♫

 楽しい時間はあっという間でした(^^)❤️

 hanaママ、色々とお気遣い頂きありがとうございました~♫
ご参加の皆様に大好評でした😉❤️
【第五回 和香海会 長唄浴衣会】

*舞台編*

2018年9月2日(日)西天満 芝苑にて
 
 お陰様で無事に終了致しましたm(_ _)m✨

 今回の会場は西天満の料亭『芝苑』さんでした。
お店構えもお部屋も素晴らしい日本料理のお店です。

 

お囃子の演目もあることから、毛氈の場所も広くなりましたが、ちゃんと設えて頂きました。
すごく立派な舞台です♫

 

まずは集合写真♫


 

今回はお笛の藤舎次生師ご門弟並びにお囃子の望月太明十郎ご門弟にもご出演を賜り、全18番、内容も大変充実した会にして頂くことが出来ました。

 当日は想定外のお客様にお越し頂き、内輪会のつもりで用意した座席と番組が足らなくなるという嬉しい誤算💦 

お目だるいこともあったことと存じますが、沢山のお客様にお越し頂き、心より感謝を申し上げますm(_ _)m✨ 

そして、この度は長唄の杵屋勝彦師、杵屋勝六三師、今藤長三朗師にもご賛助を賜り、門下一同、又、お客様の皆様方からも、「やっぱり長唄は素晴らしいですね。」とご感想を頂き、大変嬉しい思いでおります。 

お囃子の数番以外は下合わせ無しのぶっつけ本番という条件のもとでしたが、大過なく本番を終えられたことは、ひとえにご賛助頂いた長唄の先生方のお陰様と心からお礼を申し上げる次第です。 

門下一同は、皆、拙い師匠の元、頑張ってお稽古に励み本番に臨んでくれました。






 

夫々の一生懸命さが伝わる素晴らしい演奏でした✨ 

 また、私個人と致しましては、お囃子の演目では長三朗さんのワキ三味線を務めさせて頂き、勉強の機会を与えて頂けたことは大きな経験となりました。 

 暑い中を駆けつけて下さった和歌治郎師匠、優しい先輩方と明るい門下、支えてくれる家族、そして温かなお客様に恵まれ、大変幸せな1日となりました。

 大阪で長唄の火が消えないよう‥ 
 ↑ 
私以下の若手がいない💧 

 第六回が出来る日を目指してこれからも頑張りたいと思います。 

全ての皆様に心から感謝を申し上げます。

 ありがとうございましたm(_ _)m✨ 

長唄 和香海会
主宰 今藤和歌美

 | ホーム |  前のページ»»