プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

長唄会『三橙會』
【開催日】2018年 5月6日(日)
大阪 山本能楽堂にて

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


観たり聴いたり‥

のカテゴリに入るかどうかわかりませんが、聴いて感動したのでこのカテゴリに(^_^;)


今日‥もう昨日になっちゃいましたけど‥


絵画の話‥画家さんの話を絵画に携わる方から、とても興味深く伺える時間がありました。


あ!なるほど!

胸にすとーん!

と落ちる瞬間。

はぁーーー‥っ、と、静かに感動している自分がいます。

私は絵については(厳密にいうと世の中の何もかもについてですが)素人ですが、芸術と呼ばれるものには感動することがいっぱいで、共鳴、共感できる時間というのは、自分にとって何ものにも代え難い時間だなぁと思います。


はじめ、私が行っても意味を成さないだろうと思って出掛けた先でしたが、思いも寄らぬ収穫の時間だったようです。


私の演奏(音楽作り)はまだまだだ~


長唄武者修行‥先は長い。
先日の長唄演奏会 『第二回 三橙會』での一部ご紹介。




「勧進帳」より「滝流し」です。

本手一挺、上調子一挺という‥我ながら大胆なチャレンジでした。

ご一緒頂いた長三朗さんにはひたすら感謝しかありません(^_^;)


京都 上桂にある葉室山浄住寺にて「ザルツブルガー・シュロスコンチェルト・イン・ジャパン」ピアノ、チェロ、ヴィオラ、ヴァイオリンのカルテットを聴かせて頂きました♫


久しぶりに訪れた浄住寺さん♫


新緑がすごくきれいで、目の保養、深呼吸させて頂きました😊✨



訳あって片目、眼帯でしたが、音を聴くのは大丈夫❤️✨


コンサートで良かった😅


ブラームスって、分厚いんだなぁと思ってたら、お囃子マンが「やっぱりブラームスは音が分厚い。」と(笑

私の演奏する細棹三味線は演奏者同士、同じ楽器を使って多彩な音を演出しますが、洋楽カルテットは低音から高音までの様々な楽器の音色を楽しめる💖

お囃子マンは分厚いブラームスがお好きみたいです。

ああ見えて、家に居る時は大体クラシックがかかってますw


新緑と音楽を楽しませて頂いたbeautiful dayでした😊✨
「芸風」というのがあって、芸は実に人それぞれ。


私はお三味線を弾いてて、師匠の芸に似ている、と言われることが一番嬉しい。


到底、師匠の芸に到達できるものではないけど‥。


師匠に長唄会のことをお伝えしたら、「それは、おめでたい✨ 頑張りなさい。」と‥。


更には応援の郵便が届き、思わず涙‥。


お越し頂くことが叶わなかったので、翌日にお電話を入れた。


「どうだった?うまくいった?」と、お尋ね下さるので、「はい、お陰様でたくさんのお客様にもお越し頂き、演奏も‥。」と、答えたら「そう♫それは良かった!何よりです。」と明るいお声‥。


ただただ長唄が好きで、師匠の元、お稽古して来ましたが不詳の弟子。


「演奏会なんて100年早い」と言われることも多い業界で、きっと、仰りたいことも沢山あると思う。


でも、都度、温かく見守って下さる。

師匠に会の報告する時はいつも、その温かさについ涙腺が緩む。


私に長唄の存在を教えてくれたのは母。


長唄の技術を教えて頂いたのは師匠。


二人のお名前から字を頂いて「和歌美」とつけました。


数年前‥


「貴方の師匠のように弾いていてはダメ」


「女流は女流の弾き方がある」


と、師匠の芸を全否定されたことがあった。


師匠のお稽古に行くことさえ阻まれた。


しかも演奏会の直前のこと。


思わぬ言葉に、どういうことか分からず、うろたえた。


すごく悩んで‥。


その時の演奏は迷ったものになってしまった。


でも、演奏を重ねるごとに、やっぱり自分は師匠の芸が好きだ、と。


そして、「貴方の師匠は素晴らしい芸をお持ちなんだよ。」と言ってくれる人もあり‥。


悩んだ末、吹っ切って前へ進むことに‥。


今はその途中。


でも、その方向に進んで、今は正解だったと思う。


それは、聴く人が、そして、師匠の芸をご存知の人が「その芸は素晴らしい」と、いろんな角度で教えて下さるから‥。


少しでも師匠の芸に近づきたいと思う。


今の私には「和歌美さんのお三味線は先生にそっくり」という言葉が何よりのご褒美。


その先はまだまだこれから‥。

第二回『三橙會(さんとうえ)』から一週間が経ちました。


お越し頂いた方々より、熱いご感想をたくさん頂戴しておりまして‥お陰様で嬉しい日々を過ごしております。


本番前の、食べ物の味さえわからなくなる慌ただしさと緊張感からも解放され、美味しいものを美味しいと感じ、ゆったりとした時間に身を委ねる‥。

どんだけのことしたんや、という‥エラいたいそうなw


今回は産経新聞さんに会のことを取り上げて頂き、記事を見てのお申し込みも多数頂きました。



ご一緒頂いた出演者の皆様のお名前が掲載されていたのならともかく‥「今藤和歌美」という人間を全くご存知ない方が「長唄」を聴きに来られる。


これは、フラットの状態から、「長唄」がマイナス印象になるか、プラス印象になるか‥それは演奏自体にかかっていることなので、思った以上にプレッシャーになっていたことに気付きました。


都合によりアンケートを入れたものの、自分で見るのが怖くて‥後から結果を聞きました。


終わってみると「新聞」を選択した方のコメントは嬉しい結果ばかりで‥しかも、新聞記事を見て、初めて長唄会にお越し下さった方が意外に多かったことも嬉しい誤算でした。


新聞からのお申し込みは長唄をご存知の方がほとんど、と思っていたものですから‥。


「入居者様が新聞を見られて‥」と、高齢者施設からもご連絡を頂き、車椅子での観賞が可能かどうか、というお問い合わせに、諸々確認してお越し頂くことに。


終演後、ご本人から直接お電話を頂き、アンケートを書けなかったことから「大変感動したので直接伝えたかった。」と。

なんと、お越しになられたのは来年100歳を迎えられるという女性でした。


驚きとともに、あぁ、喜んで頂けて良かった‥と胸いっぱいになりました。


「久々に心が落ち着きました」
「心が洗われるようでした」
「長唄っていいですね」
「また聴きたい」
「魂が震えました」
「長唄会、続けて下さい」
「思いのこもった演奏でした」
「涙が出ました」


長唄が初めての方にもお好きな方にもいっぱい嬉しい言葉を頂きました。


特に今回、一番多く頂いた「感動しました」というお言葉。


私は、ただ一生懸命お三味線を弾くだけで‥お芝居や踊りがあるわけではなく‥しかも100点満点ではなくて‥。


それでも、これだけのお客様に嬉しいお言葉を頂けるのは、ひとえに一緒に演奏して下さる皆様のお陰様で‥本当に心から感謝をするばかり‥思い返して涙が溢れます。

後輩の長唄会で、それぞれお持ちの力でもって、同じベクトルで演奏に精一杯向かって頂ける‥これほど嬉しいことはなく‥

そのベクトルの「音」と「気持ち」が集合体となってお客様に届いている‥と、実感しています。





「女性で長唄を続ける」ということに自問自答することも少なくありません。


でも、「音楽」を通して人様の心に僅かでも「何か」が届くのなら‥そこに性別は関係ないのかな‥と。


会をするごとに長唄が好きになっています。

お三味線を弾くのが楽しくて仕方がない。

でも、長唄は本当に奥が深くて難しい。

悩みながら、ちょっとしたことに浮き沈みしがちな私です。


でも‥自分は自分なりに、お三味線を通じてこの道を進んでも良いのかな‥。


会を終えて、僭越ながら少しそんなことを思う‥今日この頃です。


沢山の「思い」を届けて下さった皆様に‥心から感謝します。


ありがとうございました。


※少しだけ『勧進帳』の一部動画を掲載致します。
画像悪いです。すみません💦
勧進帳より

 | ホーム |  前のページ»»