プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

『太明藏・太明十郎の会』
【開催日】 4月2日(日)11時開演br 【料 金】 4000円 br 【会 場】 大阪大槻能楽堂06-6761-8055

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


長唄のお三味線というのは、師匠や上手な人と一緒に弾くと、いろんな意味で引っ張ってもらえて、上手に弾けます。


でもこれは、あくまで「上手になったような気がする」ということなのです。


一人で弾いた時にどれくらい弾けるか。


一挺一枚(三味線方一人、唄方一人)で演奏した時には調子、勘所…間の取り方などが顕著に現れてしまいます。


ここ最近、それを強く感じることがあるので…三味線弾きというのは色々な自己鍛錬の場が必要だな、と思います。


自分の鍛え方は人さまざま。


無我夢中でやって、しばらくしてから「あれが良かったんだな。」と思える鍛え方が出来ていればいいですね。


師匠や上手な人の演奏エッセンスを自分に取り込んで、自分のエッセンスに出来るかどうか。


そして自分の現時点の技術段階での鍛え方を知る。


これ、とても大切なんだと思います。


「自分探し」

ではなく、

「自分の鍛え方探し」


まだまだ模索中です。



先日、春の「第九回 太明藏・太明十郎の会」について嬉しいお話を頂く機会がありました。

「太明藏・太明十郎の会」は望月太明藏と望月太明十郎兄弟門下によるお囃子のおさらえ会です。

ほぼ二年に一度で、今年は第九回。


そして今回は初代望月太明藏 50回忌と二代目望月太明藏の27回忌追善公演でした。

追善公演、50回忌の次は100回忌が殆どなので、太明藏・太明十郎兄弟、本人たちにとってはこれで最初で最後の初代追善公演となりました。



そして、今回の特別出演には初代からご縁を頂いている文楽座さまより吉田玉男様、桐竹勘十郎様にお越し頂き『二人三番叟』を演じて頂きました。



お囃子の会なので望月太明藏社中も出囃子で。
(文楽公演の時は御簾内での演奏が殆どです)



素晴らしい舞台に客席も満席で、楽屋ももぬけの殻となっておりました。


その「二人三番叟」について、ある方より嬉しいお話を頂きました。

「玉男氏、勘十郎氏、御両人の三番叟を本公演で観ることがほぼなくなった今、とても貴重で、さらに追善公演での特別出演という大変意義のある舞台でしたですね。」


…今回の「三番叟」…文楽をお好きな方には、その希少さをご理解頂いているのですが、業界の方にその辺りを感じ取って下さる方がある、ということはとても光栄で、帰宅後、すぐに太明十郎に伝えました。

東京在住の方で、会から何ヶ月も過ぎてからお目にかかれたということもあり、本当に感心されて話して下さったご様子がとても嬉しくて、それだけでもお目にかかれる機会があって良かったなぁと思ったのでした。


そして改めて、文楽座の皆さまにご都合良く会にお越し頂くことができ、お客様にも喜んで頂くことも出来まして何より有難く、僅かながらでも初代、二代目への供養をさせて頂けたのかな…という思いでおります。


第10回に続くよう、私も頑張ってお手伝いせねば、と気が引き締まります。

有難いお話を頂き、本当にありがとうございましたm(_ _)m
私の平熱は36.2℃。

それが、ここ10日以上も毎日36.4~37℃までを行ったり来たり。


手が熱い。


でも…もしかしてこの歳になって平熱上昇か?とも思ったり。


もしくは何かが原因でちょびっとだけ熱がある状態。


周囲が心配しているのでとりあえず大学病院に行って来ました。


レントゲンも聴診も問題なし。


ドクターが聴診器あてながら…


「きれ~な音ですよぉ♫」と。


採血の結果は来週。


呼吸器内科のめちゃ明るいおじさまドクター、掛かりつけ医の紹介状を見て、度重なる抗生剤の投与と今まで採血していなかったことに驚かれていました。


まぁ…微熱とはいえ、発熱してから10日以上なもんで…。


ウィルス性の風邪がアレルギーのせいでこじれて治りが遅い。


もうちょっとしたら熱も下がるかな~♫

そんな感じみたいです。


ということで、今日まで休ませて頂いて、とりあえず明日から復帰しますm(_ _)m



…で、病院。

本来なら地域連携の病院に行くべきでしたが、そこのドクターや看護師さん達には良い思い出が全くない(むしろかなり悪い思い出しかない)ので、勝手ながら他の病院にして頂きました。


4年ぶりの大学病院。


前回は薬剤性アレルギーによる多形紅斑と肝機能障害で…これは難儀なことでした💧


「こういう症状が出た時は救急車ででも来て下さいね。ひとつ間違えたら危ないことに(ーー;)」と言われ…。


いわゆる「アナフィラキシーショック」だったらしいです。


だって、腕の発疹見た近所のお医者さんが「すぐに治りますよ。」って言ったから、ひと晩寝てたんだもん。


その間に悪化。

高熱と発疹が全身に広がりました(~_~;)


お薬には飲み合わせの相性があるので気をつけましょう(ーー;)



あ、そうそう。

病院のはなし。


…重要な科が沢山あるような大っきい病院はこわいですね。


母のように治るのが難しい病気で診察を待つのは、何ともいえない陰鬱な気分でした。


頭がハッキリしている母の前では、明るすぎても暗くなってもいけない、と思っていたので、どう接していいか難しかった。


ドクターからのガン宣告は母も同席で…余命宣告は私だけが聞いて…ハッキリきっぱりのドクターの口調が怖くて辛くて悲しかった思い出です。


末期ガンだ、とわかって、病院を出る時の母との会話は覚えてるような覚えてないような…。


ただ、母が「コーヒーが飲みたい。」と言って、カフェでコーヒーを飲んだ後、処方された薬を飲み、辛い痛みがロキソニンで緩和されて嬉しそうだったことは覚えています。


その母を連れての帰宅後、極度の緊張のせいか、私が吐いて、ぐったりと寝込んだ(ーー;)


母の初診のドクターは若くて言葉もキツかったけど、転院して緩和医療に移ってからはとても良いドクターに巡り会えました。

これは幸運としか言いようがありません。



義母の時は、口の中が痛む、と訴える義母に、さも「もう高齢なんだから、治療はいいでしょう」というような診察をするドクターの態度が頭にきて食ってかかったのを思い出します。


それにしても最悪に感じ悪いドクターだった。


…今日は呼吸器内科の待合で、父がしていたような咳をしているおじさんたちを数人見ました。


父は結核も患った経験があり、最期は肺ガンもしくは悪性リンパ腫だったので。


今から思うに肺が弱かったのね。



今日の私の担当ドクターは…。

「元気そうだしね♫」

って、私の顔見て笑ってはりました。

…すいません。



こんなことにならないように、ちゃんと地域のお医者様で最後まで治してもらわなくっちゃね…と、思いつつ帰りました。


ここ最近、ドラマ『コードブルー』を観ているので、こんな程度で大学病院に行くのが申し訳なく思える私です( ̄▽ ̄;)



さて、9月に入って早々、たくさんお休みしてしまいました。

ご迷惑おかけした皆様にお詫び致しますm(_ _)m

明日から、再起動。

がんばります。
お三味線を弾いていると「間」という言葉に触れることが多いです。

まぁ長唄だけじゃなく、全ての芸術に通じるものだとは思いますが…。


楽譜に書き入れることが難しい「間」。

長唄という音楽を最終的に作り上げる材料なのかも…と、思います。

「間」は固定されたものではなく、実に様々。

攻める「間」
安定した「間」
コケる「間」
きれいな「間」

など。

「間」が悪い
「間」がきれい
「せき間」(せっついてつんのめって行くような間)

などと言われます。

プロ同士の演奏の時には「攻める間」を使ったり、お弟子さんとの演奏の時には「安定した間」を使い分けるなど、「間」の使い方は実に様々。


音符と音符を繋げる空間。

この空間をどう使うかで音楽の良し悪しが決まるわけです。


この「間」について、4月に嬉しいことがありました。

お囃子の会に門下4名がお三味線で出演させて頂きましたが、その際、ベテランのお囃子さんから「皆んな間がきれい」と褒めて頂いたのです。



お囃子さんから「間」を褒めて頂けるということはすごく貴重なことなので、すごく嬉しい☆

これは、普段、お囃子マン(主人)から「そんな風に弾いたら囃子が入られへんで。」とか「そんな間やったら、囃子が打ちにくい。」と注意されるので、知らず知らず「間」というものに重点を置いてお稽古しているからなのかもしれません。

有難いことです。

しっかりと自分の稽古を受け止め、安定した演奏をしてくれたお弟子さんもまた素晴らしく、有り難いと思いました。


そして、それとは別の場面…
先頃の演奏の仕事場で、替手の間がきれいと褒めて頂き…これはまた嬉しい思いでした。

や…もちろん、他にはいっぱいダメダメもあるんですが、その中で、です!(笑

褒めてもらったら嬉しくなるので黙ってられないσ(^_^;)


本手(主旋律)に対しての替手。

先に出たり、後を追ったり…しかも高速、低速様々。

これはうちの師匠に長年叩き込まれて来たので、自然と身体が反応してしまうというかなんと言うか…笑


そして、本手をしっかりとした間の人が弾くと、替手はものすごく弾きやすい。


本手がコケたり、間が揺れると、替手はとても弾きにくいです。

何せ、自分の手同士で弾くのではなく、他人様同士で弾くのですからw

本手はバチを当ててしっかり弾く。

これが間が流れない、ひとつの基本でしょうか。

かと言って、重くなってはいけません。

本手が重くなっても替手は弾きにくいです。

あと、三味線同士で弾く「合方」ではなく、自分一人で弾く独奏の「間」。

これはまた格別に「間の取り方」が難しい。

大きな曲、小さな曲、それぞれに合わせた「間の取り方」があります。

お唄との「間」も。

あぁ…長唄というのはなんて難しい音楽なんでしょうかね( ̄▽ ̄;)


たま~に褒めてもらって浮かれる時もありますが、自分の「間」については、まだまだ出来ていないことも本当に多いです。

私は自分の師匠とお囃子さんである主人から沢山のことを教えてもらっていると思います。

これは私にとって最大級の感謝のご縁なのかもしれません。

日本の音楽に不可欠な「間」。

センスだけのものではないと思いますので、しっかり心がけていこうと思います。


本日のおまけ☆
長唄演奏会「三橙會(さんとうえ)」より「鷺娘」トトロツの合方
今藤長三朗氏の本手が素晴らしいです☆

二人椀久

微熱が続いて養生しております。

そんな時間を使って、ちょっと「二人椀久」なんぞじっくり聴いてみました。

作曲年代は1774年(安永三年)。

抜き差しがあると、後半がどうしてもチャカチャカとお三味線ばっかり目立って演奏する曲、というイメージになってしまうのですが、全曲通すと「二人椀久」って、やっぱりよく出来た良い曲なのね。


と、しみじみ感じた次第です。はい。


そして、お唄が難しい(ー ー;)

唄い出しの「たどり行く」
「干さぬ涙」
「とても濡れたるや」
「行く水に」
「振られず帰る」
「筒井筒」

など、唄の難しさ満載。


唄をどんな人が唄うかで良し悪しが決まる…そんな曲だなぁ、と。

まぁ、もちろんどの曲にも共通していますが…。


「二人椀久」の筒井筒の部分は唄の良い方が唄われると、こんなに良いものなんだなぁと聴き惚れます。


筒井筒…若い時にはさほど気にもとめず(まぁ研究不熱心なせいですが)おりましたが、ここ最近になって、「ういこうむりの(初冠の)」からの流れが在原業平にかけての歌詞になっているということを読んで、ほぉーっと、感動したのでした。


松山と椀久との恋模様に、この「井筒」の一節を持ってくるところが、なんともニクい作曲。


そして、筒井筒の唄のなんと熱いことか。

在原業平が紀有常の娘に送った相思相愛の歌。

本行(能)がベースで、お三味線は単調なリズム、しかしながらその上に熱い想いを唄に乗せる。


熱いからこそ重くなりすぎるとしんどい…そこは唄方さんの聴かせどころか~。


お囃子さんの掛け声も独特に色を添える。


筒井筒…実は凄いやないかぃ(T ^ T)


唄を聴かせておいて、後半はお三味線の技を派手に披露。

そして、最高潮に達したのちの「廓(さと)の三浦女郎様~」の、聴くものも演奏者もホッとさせる曲調。

ほんのりとした中にも少しお色気もありで…ここもステキな部分です^ ^


緩急が程よく使い分けられて曲筋をはっきりと見せることができれば、あぁ、やっぱり良い曲なのね、と。


今さらか?

…失礼しましたm(_ _;)m


よきお勉強をさせて頂きました^ ^


そしてなんと、先日、本邦初公開という「タマ」三重奏という機会がありました。

この「タマ」、大抵はタテ三味線が技を見せる「タマ」を弾いて、ワキ以下はトッテンチンリンという繰り返しを弾いています。

ですが、この「タマ」の中のひとつの部分が、タテ、ワキ、三枚目、と、見事に三重奏になっていて、それが痺れるほどカッコよかったのです。

私、三枚目を弾かせて頂いていたのですが、一所懸命弾きながら年甲斐もなく(カッケー!)と心の中で叫んでおりました。

椀久一曲で約40分という長さでしたが、客席にいたお弟子Mちゃん、同じくお友達Tちゃんも少しも長くなかったし、感動したと話しておりました^ ^


私もいつか、この三重奏を組み込んでの『二人椀久』が弾いてみたい …と、切に思ったのでした。


全曲やるかな?(^_^;)

『二人椀久』
舞踊で見るのもいいけど、音曲だけで想像して聴くのもまた良いものです。



 | ホーム |  前のページ»»