FC2ブログ

プロフィール

imahujiwakami

Author:imahujiwakami
長唄三味線と古典芸能に携わって日々過ごしております。
愛犬は黒のトイ・プードル♪
阪神タイガース応援しています♪


出演情報

『今藤佐志郎 ゆかた会』
2018年8月26日ギオンコーナー

『和香海会 長唄浴衣会』
2018年 9月2日(日)大阪西天満「芝苑」

最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


ご訪問に感謝♪


先日、舞踊会にて、常磐津 『寿』という演目を初めて拝見させて頂きました✨

この曲は、お囃子の作調が二代目望月太明藏(お囃子マンこと太明十郎の父)とのことで、常磐津には珍しくお囃子が出囃子でした。

*ちなみに、曲を作るのは作曲ですが、曲に合わせてお囃子の手を作るのは作調(さくちょう)というそうです♫
お囃子さんと結婚して知りました。

『寿』という名の通り、おめでたく、明るく、少し長唄の雰囲気もあるかしら…?と感じて拝見しておりました✨

途中、扇を小鼓に見立てて息を吹きかけたり、打つ振りがあったり…楽しい😊✨

私個人としては、今は亡き二代目の作調されたお囃子を拝聴させて頂ける機会に…感謝のひと時でした✨

やっぱり舞踊会も邦楽会もいいですね😊



#常磐津 #長唄 #三味線音楽は色々あって楽しい #古典芸能 #伝統芸能
昨夜は妹弟子と、久しぶりに西田辺のイタリアン「イルマーニ」へ♫

グラスワインや泡を3杯と小皿料理2皿で2000円!というワインセットが魅力です💕




「イシハラホールの公演、お疲れ様でした~❣️」と、まずは泡で乾杯(^^)✨


公演当日には、ご主人のご両親と一緒に来てくれまして、長唄を初めて聞かれたというご両親はとても感動しておられた、と、嬉しそうに話してくれました😊

「和歌美さんのお三味線とトークが大好きで♫」と、といつも応援してくれる妹弟子Tちゃん。

楽しい芸の話いっぱいで、二軒はしごしたら、あっという間に8時間経ってました😵

びっくり❗️💦

長唄を習っているからこそわかることが星の数ほどあって、好きなことを分かり合える人がいるのは有難いなぁと思いました☺️

美味しいイタリアンとワインと長唄の話❤️

最高に楽しい時間でした💖
クラシックと長唄を勝手に比較😅 

どうも先日より頭の中から『シェラザード』が離れません 笑 

作曲のリムスキー・コルサコフって、ストラビンスキーのお師匠様だったとは知りませんでした。 

交響組曲『シェエラザード』は…

 生演奏を改めて聴き直してみると「二人椀久」に近い気がする。 

どちらも二楽章が独特に難しい😓 

長唄は楽章が分かれずに演奏されますので、あくまで私的解釈です😅 

シェエラザードに出てくる“緊迫感”は二人椀久にない部分ですが、「シェエラザード」と「松山」というそれぞれの女性のテーマが素敵です😊✨ 

(二人椀久の場合、特に松山のテーマがあるわけではなく、松山の登場場面ということになりますが…) 

シェエラザードの優しさと(夢の中に出てくる)松山の幽玄の美。 

それぞれの音楽の表現が趣あります。

どちらもうっとりするほど素敵です💕✨ 

オーケストラは実に様々な楽器を使っての表現。 

シェラザードのテーマはハープが使われていて美しいです✨ 

長唄はお唄とお三味線とお囃子。 

それぞれの音の表現はとても興味深く楽しいです😊 


あぁ、ほんとに音楽は西洋問わず楽しいなぁ~(´∀`*)

なんて…度々「音楽」の世界に入り込む私ですが…

大抵、そういう時間はお昼の時間帯ではないので…

 「片付けもんしーや。」 

など、突然、声がかかって現実に引き戻されます。 

 …はいはい。 

毎日こんなことの繰り返し。 


たまには逃避行しようと思いますw

 



#長唄楽しい
#シェラザード大好き
#クラシックも長唄も素敵
#シェラザードは1888年二人椀久は1774年
先日の演奏を…

お聴き頂くにあたり、最も緊張する方が客席においででした。 

はい。

 …うちの先生ですσ( ̄▽ ̄;) 

公演のお話をさせて頂いた時に「必ず行きますから。」と笑顔で仰って下さったので、ご招待をさせて頂いたのですが…。 

本当に来られるのかしら… 

 ドキドキ…

 当日、開場して間も無く、控え室のドアがコンコンと鳴り… 

お顔を覗かせられたのは先生でした。 

ナイスタイミングで、長唄さんも全員集合中で…😅 

ひとしきりお話しをされ、笑顔で「がんばってね。」と、お言葉を賜りまして、先生は控え室を後にされました。 

そうして、『梅の栄』『二人椀久』をお聞き頂いたわけですが…

果たして、うちの先生にはどんな出来に聞こえられたのでしょうか…

 演奏を終えて翌日。

 取り急ぎお礼のお電話を入れました。 

「二番ともね、大変けっこうでしたよ。ほんとに。お客さんも沢山でね、本当に何よりでした。」 

 不安解消😂 

「梅の栄」は初めて同門会に出させて頂いた時に弾かせて頂いた曲で、うちの先生も同じだと伺いました😊 

 そして『二人椀久』。 

やっぱり難しい曲でした。 

今回は途中、抜き差し(カット)して約35分。 

先生から教えて頂いた事をベースに、今回、ご一緒頂く先輩方と35分間のドラマをどうやって形作れば良いのか…とても迷い悩んで悩んで… 

(長唄の演奏は“いつメン”で演奏される事が少なく、ほぼ毎回演奏メンバーは変わるのです) 

ただ…昨今の「二人椀久」は後半、三味線とお囃子がバトルのようなタマが多くて…
それはそれで凄いんですけども、実は私はあんまり好きではなくて… 

(長唄スーパーLive!の時は鷺娘をバリバリ弾きましたけども) 

今回は特に、折角、音の良いホールなので、バトルチックではなく、素囃子としての「二人椀久」そのものを聞いて頂きたい、と思いました。 

偉そうなことを言ってますが…あくまで理想です。 

でも、それにはまだまだ自分の解釈が甘く、当日を迎えるまで…感覚ではわかっているのに、手が、音が、思うように出せない。 

そんなこともありました。

 ↑
いぇ、そんなことだらけです 

 そんな中…

嬉しかったことがひとつ。 

「二人椀久」を弾くなら、絶対にトライしてみたかった、「さりとはさりとはかたじけない」の後の三部構成のタマ。 
(通常は三部構成ではないのです)

 立てと脇がオクターブで弾くことにより音の厚みが出て、さらに攻めたり守ったり…

 お囃子も手が非常に細かくて難しいと聞いていますが、さすがの安定感。

 気持ち良いひと時でした。 

終演後、「椀久」をよく知っている人から「二人椀久という曲を堪能させてもらいました。またぜひ演奏を聴かせて頂きたいです。」と感想を頂きました。 

少しは自分の目指した椀久を感じて頂けたのかな…と、嬉しく思いました。 

(あくまで、私の未熟な部分は置いといて…です)

 色々あって…当日の演奏は、良いも悪いも今の私の身の丈の演奏だったかな…と、思います。 

様々あり、今後の課題もはっきりと見えました。 

いつか自分にとっての完璧な椀久が弾けたら…

そう思います。

 芸には好みがあります。 

私の「椀久」は、先生に教えて頂いた「椀久」。 

まだ先生には届かなくても、今回、私なりの「二人椀久」を作り上げることに寄り添い、手を差し伸べて下さった方々に…深謝いたしますm(_ _)m


「梅の栄」

長唄『梅の栄』

明治三年。

『梅の栄』は、岡安喜三梅という女性の結婚記念に作られた曲、と言われています。

 素敵ですよね😊

喜三梅という名前にちなみ、「梅」という言葉が含まれ、品良くのどかでおめでたく、それでいて明るく元気な初春の雰囲気に作られています。

 羽子板で羽根つきをするような合方(三味線だけで弾く箇所」や、転調した二上り(にあがり)の、のどかでゆったりとしたお唄…紅梅や白梅、ほんのりとした薄紅梅の梅の花…美しい「日本の色」が見えるような…そんな名曲だと思います😊

この「梅の栄」には、「前弾き」というお三味線だけの「本手」と「替手」で弾かれる前奏があります。

 この前弾きには、今藤流特有の「替手」がつけられており、先日の公演では、その「替手」を弾かせて頂きました。 

少し不協和音のような音がするのに気付かれた方もおられるでしょうか? 

少し高めの音で「ホケキョ ホケキョ ケキョケキョ」と、ウグイスの鳴き声を表した手がついているのです。 

この「ホケキョ」の手。 

今藤の人にとってはごく普通…なんですが😅 

本手を弾く人にとっては、実に「間」の取りにくい「間」で作られており、他流派の方が本手を弾かれる場合、初めて合わすと、ほぼ、本手が止まってしまわれる、という「魔の替手」なのです😅 

なので、ほぼ、本手と替手が今藤同士の場合にしか弾かれません😅 

ちなみに、ホケキョを弾くのは替手の役割で、先日は私が弾かせて頂いてました。 


公演当日、お囃子さんで、この替手を習ったことのある方から「懐かしいですねぇ(^^)」と、言われました。 

最近、聞くことが少なくなっているのだと思います。

うちの先生は必ず弾かれますので、マンさんも、「先生、よく弾いてはったよなぁ」と言ってました😅 

雛鳥のすり込みと同じで、私はこれから入ったので、無いと寂しく感じます😅 

不協和音と少しいびつな「間」が、クセになる苦くて辛い食べ物のような…そんな感じでしょうか 笑 

 好きな人にはたまらない。 

嫌いな人には絶対不要w 

そんな「替手」が入った今藤の「梅の栄」です 笑

当日は二挺二枚(にちょうにまい)という編成で弾かせて頂きました。



長唄の演奏では、個々の演奏レベルが露わになる、最も緊張する編成ですが、素晴らしい先輩方に支えて頂きお届けすることが出来ました😊💦 

(特にイシハラホールは技量が顕著に現れます💧)

 自己採点の減点箇所は、今後は絶対に減点にならないよう…修練します💪✨

 そんな『梅の栄』でしたが、今回、お聞き頂いた方々より「梅の栄、良い曲だなぁと思いました。」とのご感想も頂き…嬉しかったです😊✨ 

(解説でホケキョの話をしようと思っていて、抜けておりました💧) 

もし、また今藤の『梅の栄』をお聞きになる機会があれば、「ホケキョ」に耳を傾けてみて下さいね(^^) 

ご静聴賜りありがとうございました

m(_ _)m✨
<

#長唄 #梅の栄 #今藤の替手はホケキョ #長唄は聴けば聴くほど面白い

 | ホーム |  前のページ»»